東北学院大学

Language

経済学部

卒業生インタビュー

企業の本質を探究する

株式会社東京商工リサーチ 調査部 勤務
道川屋 美咲さん

2015年3月 経済学部 経済学科卒業

目に見えるデータからは読み取れない隠された社会の問題点を知り、現在の仕事に通じる関心をふくらませていきました

東北学院大学は多くの“チャンス”が得られる場所

経済学に興味があり、本学科に入学しました。日々の講義を受けるなかで、目に見えるデータからは読み取れない隠された社会の問題点を知り、現在の仕事に通じる関心をふくらませていきました。在学中はさまざまな経験をしましたが、振り返って最も印象に残っているのは、大学で出会った友人と過ごした時間。みんなとは今も交流を続けていて、オンオフ関わらず支えてもらっています。東北学院大学は多くの“チャンス”が得られますが、それは自発的な行動があってこそ。ぜひ広い視野を持ち、自らの目標に向かって充実したキャンパスライフを過ごしてください。


所属する調査部で、企業情報の整備や構築といった業務に携わっています。訪問面談にて担当者から経営状況についてヒアリングさせていただき、調査報告書をまとめるまでが日々の主な業務となります。企業の本質をすべて把握するのは極めて困難なことですが、常に探究心を忘れず取り組むことを心がけています。何か一つでも新しい解釈や価値観を知ることができたとき、この仕事のやりがいを感じます。

学科での学びが役立った事柄

業種を問わず調査取材を行いますが、どのような業種であってもマーケットを俯瞰する力、自分なりのストーリーを想定し、相手に伝えられる力が求められます。そのような力を養う原動力になったのが、ミクロ経済学、マクロ経済学の講義でした。