経済学部

出張講義

経済学部経済学科では、出張講義を受付中です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのページをご覧ください。

テーマ 講義内容
地域経済入門 高校生が体験する可能性がある地域問題として商店街問題、郊外大型店撤退、買物難民発生、農産物の地産地消、観光地開発の成否、戦災復興などに関して紹介。地域経済論の視点からの問題のとらえ方や実際の問題解決の取り組みなどを紹介。
「東北」の経済と開発の歩みを考える 「東日本大震災」の発生を契機に、近代以降の日本経済の発展の中で「東北」が果たしてきた役割を見直す機運が高まっている。
この講義では、いくつかの事例をとりあげつつ、これまでの「東北」の経済と開発の歩みを振り返ってみることにする。そうすることで、今後の「東北」の経済と開発のあり方を考えるヒントが得られるように思われる。
GDPと経済厚生 GDP(国内総生産)は一国全体の経済規模を測る重要な指標であり、世界各国のGDPやその変化率である経済成長率は、ニュースや新聞などでよく取り上げられます。この授業ではGDPの基礎について学習するとともに、国民の経済厚生にとって、どのようなGDPの変動ないし成長が望ましいかを考えます。
モノの値段について考える 最近多くの商品が値上がりしている。この講義では、ミクロ経済学を利用し、最近の出来事・ニュースを踏まえた上で、これから安くなるモノ、高くなるモノについて考える。
「労働」というのはどういう活動だろう? ヒトは、企業において、家庭において、地域社会において、といったさまざまな場面で「労働」を行います。しかし、そもそも労働とはどのような活動なのでしょう? この講義では、経済学における「労働」の捉え方を紹介し、現実の労働問題を考えていく際の基礎の導入を行います。
環境問題を経済学から考える 環境問題の原因と対策について経済学という切り口から考えるとどのようなことが分かるか、また経済学的アプローチにはどのような限界があると考えられるかなどについて解説します。外部性や公共財などの概念、費用便益分析などの手法、および環境影響評価、環境税や排出取引といった取り組みを紹介します。
アダム・スミスの経済思想 スミスによれば、経済学の目的は、国民と国を共に豊かにすることです。
国富とは何か、国富増大の原因は何かという問題を取り上げます。「高賃金の経済」論に注目し、リッチ・カントリーの条件について考えます。スミス経済思想の現代的意義は、独占精神批判という視点の中にあることを明らかにします。
経済と倫理 現代において経済と倫理は「水と油」のような矛盾した関係と捉えられることも多いのですが、果たしてそうなのでしょうか。経済学はその誕生において倫理学とは不可分のものでした。経済学の創始者アダム・スミスが高名な倫理学者でもあったことを手掛かりとして、経済と倫理との関係を考えます。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 入試部入試課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6455 FAX.022-264-6377
E-mail:nyushi@mail.tohoku-gakuin.ac.jp