経済学部

現場に学ぶ特殊講義

地域における「ベガルタ仙台」のあり方

地域の活性化や経済振興をめざす地域貢献事業をどのように展開しているか

経済学科では、「地域におけるプロサッカークラブ『ベガルタ仙台』のあり方を考える」をテーマにした特殊講義を行っています。ちなみにベガルタ仙台と本学は、学術・プロスポーツの分野で地域活性化に貢献する協定を締結しています。

講義の内容は、ベガルタ仙台が展開する、地域活性化や地域経済効果の向上のための事業(地域貢献事業)はどんなものか、またそれらの事業を現場で取り組む到達点と課題は何か、など広範囲に及びます。講師は、クラブの経営主体である株式会社ベガルタ仙台の西川善久代表取締役社長をはじめ、役員、監督などのスタッフが務めています。ベガルタ仙台について新たな発見があったという受講者からの声が多く、好評です。