経済学部

トピックス

「経済学特殊講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」
外部講師招聘により、社会とつながる

外部の特別講師を招き、企業の実務や地域・産業振興など、身近で具体的な問題を取り上げます。経済的視点から解決する方法を理解し、経済学が社会にどう生かされているかを学ぶことができます。2015年度は「仙台のまちづくりと行政の対応」、「地域におけるプロサッカークラブ『ベガルタ仙台』のあり方を考える」といったテーマで開講されています。

「演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」
学びの成果を社会へ発信

経済学科では、経済学をより深く学ぶために、2年次から演習を設置しています。学びの形はさまざまですが、幅広いテーマの中から、自ら学びたいテーマを選択します。学びの成果は社会へと発信されています。いくつかのゼミは毎年「日本学生経済ゼミナール大会」で研究成果を報告しています。2013年(第60回大会)には関谷ゼミの学生が「プレゼンテーション部門」で優秀賞を獲得しました。アレイゼミの学生は2010年から4年連続して「日経STOCKリーグレポートコンテスト」で入選。「第8回 日銀グランプリ」(2012年)では佳作賞を受賞しました。また、篠崎ゼミの学生は「第5回 防災・社会貢献ディベート大会」(2014年)において準優勝、「第3回 財務局学生論文コンテスト」(2014年)で最優秀賞を獲得しました。

キャリア形成支援科目で目指す未来の実現へ

経済学科では、6つのキャリア形成支援科目が設置されています。これらの科目は、自らの目指す道に向けた準備ができる実践的な内容になっています。「ファイナンシャル・プランナー講座Ⅰ・Ⅱ」では、実務家を講師として招き、3級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格取得を目指します。「公務員試験経済学講座Ⅰ・Ⅱ」では、国家Ⅱ種・地方上級レベルの公務員試験対策を行っています。「Business and Financial EnglishⅠ・Ⅱ」では、TOEICの対策を行い、社会で生かせる英語能力を伸ばします。