東北学院大学

Language

大学院 人間情報学研究科

研究指導計画

人間情報学研究科博士課程前期・後期課程における研究指導計画と各審査の基準

前期
Ⅰ. 研究指導計画(学位取得までの流れ)
指導準備
入学試験時に確認された学生の研究関心に応じて、主指導教員と隣接領域教員から選ばれた副指導教員からなる指導チームが決定される。
1年次
4月
  • 2回の入学時オリエンテーションで、大学院での学修に関する基本的注意、利用しうる施設・機器及び財政的支援制度の紹介、科目履修に関する一般的説明などが行われ、その後、指導教員及び科目担当者から科目履修に関する個別指導が行われる。
  • 学生は一年間の履修計画を完成させ、「学科目履修届」を提出する。
5月〜1月
  • 学生は主及び副指導教員のもとで「人間情報学演習I」を履修し、論文講読、フィールドワーク、調査、実験などを通じて主として研究方法について学修する一方、独自の研究テーマを絞り込んでゆく。
2月
  • 学生は1年間の学修成果について「人間情報学研究科年誌」に発表する。
2年次
4月
  • 年度初めのオリエンテーションにおいて、学位論文提出までの日程、必要な手続き、作成過程及び審査過程の概略が確認される。
  • 学生は指導教員の承認のもとで「修士論文題目届」と、これまでの研究経過、今後の研究計画等を記述した「修士論文作成指導申込書」を提出する。
5月〜11月
  • 学生は主及び副指導教員のもとで「人間情報学演習II」を履修し、研究計画に基づきつつ、調査、実験等の報告・討論を行い、それらを基盤として論文を作成する。
12月〜1月
  • 学位論文を提出する。
1月
  • 論文審査及び最終試験(口述試験)が実施される。
2月
  • 学生は1年間の学修成果について「人間情報学研究科年誌」に発表する。
3月
  • 学位記授与
Ⅱ. 各審査の基準
論文審査および最終試験の審査基準

学術研究論文としての基本的要件を備えており、提出者の基本的研究能力を証左するものであるかが審査基準となる。具体的には、①学術研究論文としての体裁が整っているか、②論旨が一貫しているか、③データ、資料の処理・整理が適切で、それらに基づく論証が的確であるか、といった観点から審査される。

最終試験は、学位論文の内容及びそれに関連する分野に関して、適切な理解をし、それを適切に表現できるかを、口述または筆答により審査する。

学位授与の審査基準(要件)

学位授与の基準(要件)は、①必要履修単位数を満たしたうえで、②論文審査及び最終試験に合格すること、である。

後期
Ⅰ. 研究指導計画(学位取得までの流れ)
指導準備
進学時に確認された学生の研究関心に応じて、主指導教員と隣接領域教員から選ばれた副指導教員からなる指導チームが決定される。
1年次
4月
  • 年度冒頭に実施されるオリエンテーションでは、利用しうる施設・機器及び財政的支援制度の紹介、科目履修に関する一般的説明などが行われ、その後、指導教員から研究計画に関する個別指導が行われる。
  • 学生は一年間の研究計画を確認のうえ、「学科目履修届」を提出する。
5月〜1月
  • 学生は主および副指導教員のもとで「人間情報学演習III」を履修し、博士論文作成のための基礎固めを目指す。具体的には、最新の文献と並行してより基本的・古典的な文献も講読しつつ、実証的な資料の蓄積による研究の進め方、問題の設定方法、データ解析の方法についての学修を進める。
2月
  • 学生は1年間の学修成果を小論文にまとめ、「人間情報学研究科年誌」に発表する。
2年次
4月
  • 年度初めのオリエンテーションにおいて、年間の学事スケジュールが確認され、その後指導教員から研究計画に関する個別指導が行われる。
  • 学生は一年間の研究計画を確認のうえ、「学科目履修届」を提出する。
5月〜1月
  • 学生は主及び副指導教員のもとで「人間情報学演習IV」を履修し、最新の技術、最新の方法論、最新の主題を模索し、研究テーマを絞り込み、それに関わる文献・資料の解析及び討論を行う。
2月
  • 学生は1年間の学修成果を小論文にまとめ、「人間情報学研究科年誌」に発表する。
3年次
4月
  • 年度初めのオリエンテーションにおいて、学位論文提出までの日程、必要な手続き、作成過程及び審査過程の概略が確認される。学生はこれらを確認のうえ、「学科目履修届」を提出する。
  • 学生は指導教員の承認のもとで「博士論文題目届」と、これまでの研究経過、今後の研究計画等を記述した「博士論文作成指導申込書」を提出する。これらは研究科委員会での承認を得なければならない。
  • 学生は主及び副指導教員のもとで「論文指導」を履修し、論文作法や具体的データ解析技法など、博士論文作成のために必要な知識・技術を学修し、論文提出を目指す。
5月
  • 予備審査のための「研究計画書」と「業績一覧」を提出する。
6月
  • 予備審査が実施され、審査結果が通達される。
  • 学生は予備審査で指摘・確認された条件のクリアーを目指して論文を作成し、提出する。
12月
  • 「論文審査願」に「博士論文」、「論文要旨」、「論文目録」及び「履歴書」を添えて提出する。
1月
  • 論文審査と最終試験(口述試験)が実施される。
2月
  • 学生は1年間の学修成果を小論文にまとめ、「人間情報学研究科年誌」に発表する。
3月
  • 学位記授与
Ⅱ. 各審査の基準
予備審査の審査基準

予備審査においては、論文提出資格(博士論文の研究主題に関連する内容で2編以上の論文が学術雑誌に掲載または採択されていること[うち1編は定評のある学術雑誌に採択されていること])充足の確認と、下記「論文の審査基準」をみたす論文を期限内に作成できるか、その可能性を判断する。そして、基準に達するために満たすべき条件を学生とのあいだで合意し、それを記録、保管する。

論文の審査基準

論文審査においては、学術研究論文としての要件を備えており、また、提出者が専攻分野について研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力及びその基礎となる豊かな学識を有することを証左するものであるかが審査基準となる。具体的には、①学術研究論文としての体裁が整っているか、②論旨が一貫しているか、③データ、資料の処理・整理が適切で、それらに基づく論証が的確であるか、④専攻分野の発展に寄与する新たな知見が含まれているか、といった観点から審査される。

最終試験は、学位論文の内容およびそれに関連する分野に関して、適切な理解をし、それを適切に表現できるかを、口述または筆答により審査する。

学位授与の審査基準(要件)

学位授与の基準(要件)は、①必要履修単位数を満たし、②課程在学中に、博士論文の研究主題に関連する内容で2編以上の論文が学術雑誌に掲載または採択されていること(うち1編は定評のある学術雑誌に採択されていること)、さらに③論文審査に合格したうえで、④博士論文に関連のある専攻分野に関する知識及び外国語についてしかるべき水準の学力が確認されること、である。