法学部

出張講義

法学部では、出張講義を受付中です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのページをご覧ください。

法律学科

教員名 教員の
専門領域
講義タイトル 講義内容 出張講義が可能な曜日・時間帯
遠藤 隆幸 民法 生殖補助医療と法規制 非配偶者間人工授精に代表されるような生殖補助医療に対し、法はどのような対応をすべきなのかみなさんと考えたいと思います。 後期のみ・日時は応相談
辻田 芳幸 知的財産法 知的財産法の基本的な考え方 大学の講義の導入部分で実際お話ししていることを、体験していただきます。講義は対話式で行い、現在問題になっている話題をきっかけにし、おおよそ次のような内容を含みます。発明は誰がしているのか、どんな発明に特許権が与えられるのか、社員のした発明はどのように取り扱われるのか、著作権や特許権が尊重されなければならないのはなぜか、知的財産権があると何ができるのか、反対に権利を有しない人が自由にできることになどんなことがあるか、知的財産法が目指すのはどんな社会かをいっしょに考えたいと思います。 水曜日(午後)
陶久 利彦 法哲学 ①法的に考えるってどんなこと? 例えば、若い男女間の三角関係を題材にし、その法的解決法を考えます。尚、題材は他にいくつもあります。 前期:月曜日、火曜日は終日。金曜日午前〜午後2時。
後期:火曜日終日、金曜日午前〜午後2時。
②中絶って許されるの? 自分の-あるいは、パートナーの-おなかの中に新しい生命が宿ったとき、場合によっては中絶を考える人もいます。中絶は、本当に「やむを得ない」ことなのでしょうか?おなかの中の生命に障害があると判定されたときにはどうすればよいのでしょうか?「当人の判断にゆだねるしかない」のかもしれませんが、では自分がその当人だった場合にはどうでしょう?中絶に関する法的な仕組みと道徳的問題を共に考えてみます。
③性を巡る法的・道徳的問題について考えよう。 売買春、わいせつ物頒布、青少年保護育成など、性を巡る微妙な問題は社会の中に蔓延していますし、若い人にとっても大きな興味の対象でしょう。これらの問題を考えることを通じて、性と人間存在との関わりを法的・道徳的両面から考えます。
羽田さゆり 民法(財産法・家族法) 消費者トラブルと法 商品やサービスに問題があった場合にどうしたらいいのかについてお伝えするとともに、どういう点に気をつけたら予防できるのかについても、受講生と一緒に考えてみたいと思います。 前期:月曜日(終日)・火曜日(終日)・水曜日(終日)
後期:月曜日(終日)
高齢社会と民法 高齢者の暮らしの「不安」について、現行法制度でどう対処できるかについてお話ししたうえで、さらなる安心のためにはどのような制度や社会の仕組みが必要かも検討したいと思います。
その他 お金の貸し借りやアパート賃貸のトラブル、夫婦間・親子間の不和、生殖医療問題など、身近なもめごとをテーマとして民法の視点で解説いたします。ご希望のテーマについてご相談下さい。
松浦 陽子 国際法 ①「戦争」にルールはあるか? しばしば「戦争」という言葉を耳にします。国際法上、「戦争」をどのように考えるか、どのようなルールが形成されてきたかについて、事例を交えて説明します。 火曜日、水曜日
②人が「国家」を創るわけ 現在も、世界のどこかで、誰かが理想の国を求めて戦っています。変わりゆく世界地図を眺めながら、国際社会がどのように新国家と対峙してきたのか、説明します。
③集団的自衛権について勉強しよう 国際法の観点から、自衛権(個別的自衛権と集団的自衛権)について説明します。その上で、日本が国際社会の中で集団的自衛権を行使する意味について、考えてみましょう。
三須 拓也 国際政治学 ①世界情勢を読み解く 20世紀の世界を牽引してきた米国。しかし近年、その覇権の衰退が現実味を持って語られています。米国の覇権の衰退と再編は、今後の世界にどのような影響を与えるのでしょうか。講義では過去の覇権の歴史をさかのぼり、今後の世界を展望します。 前期は水曜日、後期は月曜日
②身近な問題から国際問題を考える。 あまり意識されませんが、私たちの身近な問題には、実は国際政治の問題が関わることがあります。例えば、米国人にはなぜ肥満が多いのか、格安航空会社はなぜ安いのか、韓流ブームはどうして起こったのか、日本マクドナルドはなぜ経営危機に陥ったのかなど、国際政治の知識があって初めて理解できるのです。皆さんも「知ること」を通じた驚きを体験してみませんか。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 入試部入試課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6455 FAX.022-264-6377
E-mail:nyushi@mail.tohoku-gakuin.ac.jp