東北学院大学

Language

文学部 総合人文学科

卒業生インタビュー

価値ある印刷物を制作

笹氣出版印刷株式会社 営業部 営業課 勤務
小林 大輝さん

2017年3月 文学部 総合人文学科卒業

私にとって東北学院大学での4年間は、今後の人生を歩む上で必要な考え方を得ることができた時間だったと思っています

多様な年代の人たちと交流し多様な考え方を吸収

大学では何をしようとすべて自分に返ってきます。勉強に力を入れれば知識や教養が身につきますし、怠ければ何も残りません。怠けていても誰に指摘されるわけでもありませんが、後悔することは目に見えています。私にとって東北学院大学での4年間は、今後の人生を歩む上で必要な考え方を得ることができた時間だったと思っています。アルバイト委員会に所属し、多様な年代の人たちと交流し多様な考え方を吸収できたことも大きな財産になりました。みなさんも後悔のない大学生活を送ってください。応援しています。


印刷会社の営業として、お客さまの要望をお聞きし、見積りの作成から納品に至るまで、お客さまと制作チームをつなぐ役割に徹しています。最も留意しているのは、お客さまに120%満足していただける印刷物を制作すること。そのため、ただ言われた通りにやるだけではなく、そこに自分の考えや新たな価値を持ったご提案などを上乗せできるよう心がけています。

学科での学びが役立った事柄

多様な書物を読み、考えをまとめて発表したり、発表された内容についてディスカッションする授業が役立っていると思います。自分なりに考えをまとめ確立させることができるようになりましたし、他の学生の意見を取り入れる柔軟性も養えました。