東北学院大学

Language

教養学部

出張講義

教養学部 出張講義 テーマ一覧

教養学部はユニークな教養教育科目を基礎として多彩な専門教育科目を設置し、現代社会が求める新しいタイプのゼネラリスト(教養人)の育成を目指しています。その特徴は学問領域の広さと学際性にあります。大学での講義を体験したい、専門領域の話を聞きたい、オープンキャンパスには行けないけれども大学の様子を知りたいという場合には、お気軽にお申し込みください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのページをご覧ください。

人間科学科

人間科学
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
松本 洋之 現代哲学 「学問の世界」の扉を(チョットだけ)開いてみよう! 大学で学ぶ学問とはどのようなものであり、どのように分類され、それぞれの分野がどのような性格をもっているか、その大枠について講義します。とくに、一般教養教育課程の「人文・社会・自然」という分類に焦点を当て、それぞれの特徴を紹介します。
心理学
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
福野 光輝 社会心理学 心理学って占いみたいなもの?:はじめての心理学 心理学と聞いて、みなさんはどのような学問だとイメージするでしょうか。みなさんが抱くイメージは、心理学の実際の姿にどのくらい近いのでしょうか。この授業では、心理学にありがちなイメージを検証していきながら、科学的な心理学の姿を紹介します。
心の社会性を探る 遠い昔、人間が一人ではなく、集団で生きることを選択したときから、私たちの心も、他者との関係を通して形づくられてきました。この授業では、こうした心の社会性を明らかにしようとする社会心理学の一端をお伝えします。
交渉の心理学 人々のものの見方や考え方は必ずしも同じではないので、利害の不一致が生じることは避けられません。交渉はこうした利害の不一致を解決する方法のひとつです。しかしいざ話し合いを始めても、必ずうまくいくわけではありません。なぜなのでしょう。この授業では、心理学の観点から交渉について考えます。
加藤 健二 認知心理学 「心」を科学する
~認知心理学入門~
知覚や記憶といったこころの知的な働きを研究する認知心理学という分野について紹介し、そこで見いだされた知見を学ぶことがカウンセリングやパーソナリティなど他の心理学分野の理解とどう関わっているかを解説します。
金井 嘉宏 臨床心理学 ストレスや不安との上手なつきあい方 勉強のことや部活のこと、先生や友人との人間関係などでさまざまな不安や悩みを抱える生徒は少なくありません。こうした不安やストレスとの上手なつきあい方を心理学の観点からご紹介します。
櫻井 研三 知覚心理学 心の窓のはたらき
~知覚心理学入門~
心理学は心のはたらきを科学的方法で探求する学問です。この授業では、心の窓といわれる眼のはたらきの錯誤、すなわち錯視を取り上げ、視覚のはたらきを科学的に解明する研究例を紹介します。
萩原 俊彦 発達心理学 「ふしぎ」を「科学」する 普段の生活には、血液型診断や占いといった、人の「こころ」を扱う様々なテーマがあふれています。これらは「こころ」に関わるものとして、どれくらい信用できるものなのでしょうか。この授業では、データを用いて「こころ」に迫る心理学の研究領域を紹介しながら、占いや性格判断ゲームを信じてしまう心理的メカニズムについて解説します。
堀毛 裕子 臨床・健康心理学 心身の健康を目指して
~臨床・健康心理学入門~
「ストレス」ということばはすっかり日常に定着していますが、ストレスをめぐる問題は、まさに心と体の関係を読み解くカギの一つといえます。ここでは、ストレスのしくみを始めとして、心身の不調の改善や健康増進に関する心理学の研究領域を紹介します。
「自分」って何だろう
~自己意識の心理学入門~
自分はどうしてこうなんだろう、他人から見たら自分はどう見えているのだろう…。「自分」について悩むことって、いろいろありますね。ここでは人が自分自身をどのようにとらえているか、という問題を中心とした心理学の研究領域を紹介します。
吉田 信彌 交通心理学 都会の隣人は冷たいのか? 都会の人間関係は希薄で、冷たい、といわれる。困っている隣人を助けることと都市化は関係があるのだろうか?こうした世の問いに心理学はいかに応えてきたのか。東北学院大学教養学部論集158号から161号に執筆した解説(大学のホームページから閲覧可)をもとに紹介します。
人の心のなぜに迫る交通心理学 交通事故にまつわるさまざまの「なぜ」に心理学が迫ることを示します。岩波書店編集部(編)『いま、この研究がおもしろいPart2』(岩波ジュニア新書、2007年)に執筆したものを中心に紹介します。
社会学
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
片瀬 一男 教育社会学 現代青少年の性愛文化
~若者は「草食化」したか?~
2011年の「青少年の性行動全国調査」をもとに、現代の若者の性愛文化の変容を跡付け、現代の若者が「草食化」したか探ります。
仙田 幸子 人口学 少子化はなぜ起きているのか 日本では少子化が問題になっています。少子化が、なぜ起きているのかについて解説します。
神林 博史 社会学・
計量社会学
統計の読み方・考え方 最近、社会人の間で統計学がブームです。では、なぜ統計はそれほど重要なのでしょうか。この授業では、社会における統計の重要性を説明すると共に、私たちがふだん何気なく接している統計情報の何に気をつけなければいけないのか、その基礎的な部分を紹介します。
格差の何がいけないの?~日本社会の格差と貧困について考える~ 今、日本は不平等の大きな「格差社会」になったと言われています。この授業では、(1)格差や貧困の何が問題なのか、(2)その原因は何か、(3)私たちはこれからどうすれば良いのか、について考えます。
鈴木 努 社会ネットワーク論 社会ネットワークの科学~家族からインターネットまで~ 私たちは社会の中で独立して存在するのではなく、家族や友人など人間関係の中で生活しています。「社会ネットワーク分析」という方法でこれらの人間関係を調べてみると、個人だけを見ていたときには気づかなかった、個人と集団の関係が見えてきます。また近年では電子メールやSNSなど電子メディアの発達によって大規模な人間関係のネットワークが研究されるようになってきました。身近な人間関係からインターネットまで、社会ネットワーク論の考え方を紹介します。
教育学
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
泉山 靖人 教育制度論 学ぶための社会の仕組み 日本において多くの人は幼稚園あるいは保育所から始まり、小学校・中学校を経て、その後社会に出て行くまでの期間に学校生活を送り、また社会に出てからもさまざまな学ぶための社会の仕組みを利用しています。この授業では、このような社会の仕組みがなぜ必要とされているのか、さまざまな考え方を紹介しながら考えていきます。
稲垣 忠 教育工学 未来の学びを考える ~子どもたちに求められる学力と学校の役割~ 情報化や国際化が進む現代社会に生きていく子どもたちには、どんな力を育てていくことが大切なのでしょうか。「教科書」のようにきれいに整理された情報を詰め込むだけではなく、自分の頭で考え、さまざまな他者に正しく情報を伝えられる力を育むことが大切だと考えます。近年の学校現場で取り組まれている情報教育、メディアリテラシー教育等の取り組みをご紹介しながら、これからの学校の姿を生徒の皆さんと考える場にできればと思います。
紺野 祐 教育学
(教員養成)
教育の現状と課題に向き合う教師 この授業では、まずは(i)教育学(教職課程)で学ぶことの幅広さを理解し、その上で(ii)教師になるために必要なことは何かを考えてみます。この授業を通じて、学校教育の課題を解決するいとぐちが明らかになれば幸いです。
坪田 益美 社会科教育学 市民として生きる グローバル化、情報化、ならびに科学技術の進展にともなって、めまぐるしく変化する社会をよりたくましく、より賢く生きるためにも、民主的に社会を運営し、自らその担い手として生きていく資質・能力を、一人ひとりが備える必要がある。そのために、一人ひとりが理性的な判断として、民主的な市民として生きることを選択できるよう、本講義は特に、その必要性・重要性について考察するきっかけを与えるものにしたい。
水谷 修 生涯学習学 青少年期の「自分探し」 発達課題は時代や文化の違いによって異なるが、不易のものもあり、青少年期の「自分探し」はその一つです。三間(時間、空間、仲間)や関係の減少、心を豊かにする面白さの喪失という現状を踏まえ、今日の青少年の「自分探し」にとって何が必要なのか、非効率、たまたま・偶然、体験などをキーワードに考えます。
八幡 恵 教育哲学 「家庭の言葉」と「学校の言葉」 幼年期に家庭において習得される言葉(一次的ことば)と学校の中で習得される言葉(二次的ことば)の性質の違いに注目し、それをヒントに家庭という場と学校という場との様々の違い(人間関係や教育的役割等)について光を当てます。
渡辺 通子 教育コミュニケーション論 教育学への招待
~学力とは何か?~
学力とはいったい何なのか? このとらえは時代とともに変遷します。近代学校が成立して以来、学力観はどのように変遷してきたのでしょうか? そして現代に求められる学力とはどんなものなのでしょうか? そのためにこれからの授業は、そして学校や教師の役割はどのように変わって行くのでしょうか? PISA調査を中心に考えていきます。
体育学
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
岡﨑 勘造 応用健康科学 動きたくなる話 運動が身体と心に良いことは皆さんご存知かと思います。ここでは、身体活動をキーワードにこれまでの運動の概念を見直し、少しでも「動いてみよう」とか、「動くことは面白い」など、活動的な世界へ入り込むボタンとなるような話を心がけて展開していきます。
黒須 憲 武道文化論・スポーツ文化論 武道について 武道とは戦闘術から発展した日本の伝統的な運動文化であり、稽古、学、型、道、修行、流派などの言葉で特徴付けられます。稽古とは「古の道を稽る」ことであり、ものを学び習う、つまり学問とか学習などの意味を持っていました。
スポーツは健康に悪い運動 統計的にもスポーツ選手は短命。健康の為にスポーツをしましょうは虚構や幻想。でも、楽しいからみんながスポーツを行う。スポーツは生活を豊かにし楽しみを与えてくれる文化です。
佐々木 桂二 コーチング学 コーチングを考える 著名な指導者のコーチング理論を解説し、スポーツ場面での望ましいコーチングについて考察します。
坂本 譲 運動免疫学 健康・運動・免疫? 免疫とは生体内の様々な細胞が連絡を取り協力し合って自分の体に不必要なモノ、悪さをするモノを体の外に排除しながら体を守り健康を維持する働きですが、運動やストレスなどいろいろな刺激によって働きが良くなったり、悪くなったりします。ここでは運動によって免疫機能はどう変化するのか、またこの変化が健康にどのように影響するのか、事例をもとに解説します。
千葉 智則 スポーツ生理学 運動するとどうして疲れるのか 運動すると疲れますが、その疲れにはいくつかの種類があります。スポーツ競技はもちろん健康のための運動の疲労の原因やしくみを紹介し、安全で効果的に運動を実施する方法を紹介します。
前田 明伸 スポーツ生理学 体脂肪の話 中高年者の生活習慣病、スポーツ選手のパフォーマンス等は身体に蓄積された脂肪量との関係があります。この体脂肪に焦点を当て、より良い身体づくり、運動処方を紹介します。

言語文化学科

哲学・倫理学・思想
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
小林 睦 倫理学・哲学 生と死の倫理学 現代社会においては、科学技術の進歩に伴って、新しい倫理的問題が生まれています。とくに生命科学にかかわる技術の発展にはめざましいものがあり、われわれは多くの恩恵を受けるとともに、さまざまな倫理的なジレンマに直面することにもなりました。こうした問題について、解決の型を準備しておく学問が「応用倫理学」です。この講義では、応用倫理学の視点から、具体的には、(a)代理出産、中絶、出生前診断、クローン人間、といった生命の始まりにかかわる問題、(b)インフォームド・コンセント、がん告知、安楽死、脳死臓器移植といった生命の終わりにかかわる問題から、どれか一つのトピックを選んで、わかりやすく解説します。
信太 光郎 哲学 「もの」とは何か
~『檸檬』を哲学する~
哲学は他の学問と違って複雑な問題や珍しい現象に取り組んだりはしません。むしろ身の回りの当たり前のことを丁寧に考えていこうとします。なぜならその当たり前が実は当たり前ではないのではと疑っているからです。たとえば「もの」とは何でしょうか。当たり前すぎてわたしたちが普段ほとんど気にもとめない「もの」の意味を、梶井基次郎の名作『檸檬』を題材にとって考えてみたいとおもいます。
吉用 宣二 記号論、ドイツ文学 イメージの解読 事物があるとします。人間はその事物のイメージを作ることによって事物を認識します。すると事物はイメージとして存在し始めます。一度成立したイメージは、事物世界から独立した第二の自然となります。イメージの世界の中に人間は生きています。人はイメージを模倣し、イメージを求めます。イメージは人を豊かにしますが、束縛もします。私たちはイメージ生成のメカニズムを想定できるでしょう。少なくとも生成の過程をたどることができるでしょう。また、そこには多元的な文化の相が示されるでしょう。イメージの解読は、人間を知ることでもあります。
文 景楠 哲学 言語を哲学する 「言語を学ぶ」ということでまず思い浮かぶのは、英語や中国語といった外国語の習得だと思います。大学では、こういったいわゆる言語学習に加えて、特定の外国語の専門家ではない「哲学者」から言語について学ぶ機会も用意されています。この授業では、言語を学ぶための哲学的アプローチを紹介することで、言語の学びがもつ複雑さと豊かさを伝えることを目指します。
言語論
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
岸 浩介 英語学、生成文法、言語獲得理論 言語学にふれてみよう~生成文法理論の考え方~ みなさんは「言語学」という言葉を聞くとどのような学問を想像するでしょうか。「言語」という言葉自体がとても広い意味を持っており、いろいろな領域と関連しているので、たくさんの解答が考えられますね。この授業では、中でも「脳内になんらかの形で存在する言語の仕組み」の解明を目標とした「生成文法理論」を紹介します。
言語教育・外国語習得
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
坂内 昌徳 言語学、
第二言語習得、
英語教育
日本人英語の不思議
~第二言語習得研究への招待~
よく「この教材を使えば、幼児が言葉を覚えるときと同じように苦労せずに自然に英語をマスターできます」というような英語教材の宣伝があります。でもこれって信用できるのでしょうか?そもそも私たちは、「幼児が言葉を覚えるように」外国語を習得することが可能なのでしょうか?習得が難しい場合というのはどうしてそうなるのでしょうか?この講義ではこのような問題にアプローチする第二言語習得という研究分野を紹介します。
渡部 友子 英語教育 どうすれば英語が身につく?
~英語学習と体・脳の関係~
英語は通常文系科目に扱われますが、実技科目の側面も多くもっています。英語の練習にはスポーツや音楽と同様に、目、耳、口、手など体を使う必要があるからです。また英語を聞いたり読んだりする時、私たちの脳の中ではいろいろな活動が起こっています。どうしたら単語や文法を覚えられるのか、そして覚えた単語や文法を、必要な時にすばやく思い出して使えるのか。この講義では、外国語学習を体や脳との関係から考えます。
英語を「聞いて分かった!」を体験する
~CDを使わないリスニング~
英語のリスニングは苦手、英語を聞いて理解するなんて無理、と思っていませんか。それは「CDに録音された英語」ばかりを聞いているからです。話している人の顔や姿が見えたら、資料を見ながら聞くことができたら、英語はもっと分かりやすくなります。本講義では、そのようなリスニングを通して「英語が分かる!」感覚を体験してもらいます。そのあと、リスニング力を伸ばすにはどのような訓練をすればいいかをお話しします。
国際理解 英語と国際理解はどうつながるか 英語はもはや、アメリカ人やイギリス人だけが話す言語ではありません。世界各地で学ばれ、出身国が異なる人とつながろうとするときに有効な道具なのです。本講義では、英語が「国際化」している状況についてお話します。そして、英語を使った活動を通して「国際理解」を深めるとは、具体的に何をすることなのか、実践例を紹介しながら考えます。
文化論
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
酒井 朋子 社会・文化人類学 フィールドワークの魅力 「大学で学問を修める」というと、教室に座って教授の講義を聞いたり、図書館にこもって本に読みふけったり……、というイメージがあります。もちろん、これらはとても豊かな学びの経験になりますが、他にも色々な方法があります。フィールドワークとは、社会に生きる人々と実際にかかわるなかで、人間の歴史経験や政治戦略、および文化のしくみについて学んでいく手法です。この講義では、その実際の行い方や楽しさ、あるいは気を付けるべき点について見ていきます。
津上 誠 文化人類学 虹の色数はいくつか?
~サピア=ウォーフ仮説の再検討~
例えばボルネオ島(私の調査地です)のカヤン人は「虹は3色に見える」と言います。これには彼らがふだん使う色彩語の数が反映しています。このように、虹が異なって見えるという話は文化の違いを説明するときの好例になるのですが、ただし人間は各々の文化から全く自由になれないわけではないということにも目を向けたいと思います。
「身内」の文化論
~核家族をめぐる秘密~
私たちにとって最も近しい身内集団は、父と母と子をメンバーとする人の集まり(核家族)です。「なぜこのメンバーなの?」と問われたなら多くの人は、「だって父と母で子を作るでしょう?」と答えます。しかし本当のところ、核家族には何の自然の根拠もありません。人は誰とでも身内集団を作れます。このことを異文化の諸例を通じて確かめていきます。
英米の言語と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
岸 浩介 英語学、生成文法、言語獲得理論 英語の形容詞と名詞の関係 中学校では、「何か温かい食べ物」を英語に直すとsomething hot to eatという風になり、この場合の形容詞hotは前からではなく必ず後ろから名詞を修飾すると習います。ですが、これはそもそもなぜなのでしょうか。また、something以外の普通の名詞であっても、the individuals responsibleのように形容詞が後ろから修飾している表現もよく見かけますね。このような表現は形容詞が前から名詞を修飾する表現(the responsible individuals)と違いがあるのでしょうか。この授業では言語学の分野でこういった問題を取り扱った研究を取り上げ、その理由を探ります。
下館 和巳 演劇、イギリス文学 映画の英語を学ぶ 大ヒットした映画の、これ良いぞ!というセリフを通して英語の面白さを味わいます。
英語の声 私たちが中学校から学んできたのは主に文字の上の英語です。でも、本当は音が一番大事です。音は英語の命!この時間は、アルファベットを声にしてみるところから始めて、シンプルな単語や文を声に出すことで、英語の独特の音、リズム、イントネーションを学びます。英語の真髄に迫ります。
俳優になってみよう 言語文化学科のゼミ生たちの中には、舞台を創って卒業していく学生たちがいます。彼らは2年間いろいろなワークショップや訓練、あるいは劇場経験をして、一歩一歩舞台に近づいていきます。実は恥ずかしがり屋で人前で話すのが苦手な学生が多いんです。お芝居やってみたい、でも勇気がないという君が、舞台への一歩を踏み出す時間です。
井上 正子 ジェンダー・スタディーズ 生活のなかのジェンダー 私たちの社会はさまざまな約束事(規則やしきたり)で成り立っています。「男」であるとか「女」であるとかいう社会的性差(ジェンダー)をめぐる自己認識もまた、この約束事の一部です。この授業では、「イクメン」、「女子力」、「草食系男子」あるいは「肉食系女子」といったことばに注目し、これらの背後にどのような暗黙の了解が隠されているのか、探っていきます。
ポストコロニアル文学 環カリブ海世界のクレオール文化 みなさんは、「カリブ海」という地理的名称から何を思い浮かべますか?ジョニー・デップ主演の大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」?人類史上最速のスプリンター、ジャマイカのウサイン・ボルト?あるいはレゲエミュージック?この授業では、ヨーロッパとアフリカの文化が出会い、混じり合って生まれたカリブ海のクレオール文化をご紹介します。
ドイツの言語と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
佐伯 啓 ドイツ語、レトリック 大学の勉強に必要な文章力 大学での勉強の中心は、学術レポートや論文を書くことです。この講義では、大学入学後に必要とされる文章力とはどのようなものか、またそのような文章力はどうすれば身につくのか、できるだけ具体的に解説します。受験で小論文を書くときの参考にもなると思います。
英語とドイツ語を比べてみる
~英語学習者のためのドイツ語入門~
英語の他に、もうひとつぐらい外国語ができるようになりたいと思いませんか?この講義では、中学生程度の英語の知識があればドイツ語はとても勉強しやすい言語だということを、発音、文法、語彙などを比較しながら、わかりやすい例を挙げてお話しします。英語力UPにも役立つと思います。
門間 俊明 ドイツ語、ドイツ文学 高校生のためのドイツ語入門 英語と比較しながら、ドイツ語の輪郭を分かりやすくお話しします。時間があればドイツ人の国民性やドイツ文化についても少しばかり。
フランスの言語と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
宮本 直規 フランス語学 複言語主義へ 大多数の大学生は入学前に外国語として英語を学びます。それ以外の選択肢はないのでしょうか?そして大学に入り第二外国語に触れますが、その学習は多くの場合に苦痛を伴います。すると決まって「第二外国語なんているの?」という疑問が生じます。しかし、ヨーロッパのほぼ全ての国では、そして多くのアジアの国(インドネシア・マレーシア・タイ・ベトナム・韓国など)では、中学ないし高校で「母語+2言語」の学習の機会が与えられています。こうした現状を踏まえたうえで、先の2つの疑問に対する答えとして、開かれた市民社会の可能性を模索する複言語主義を紹介します。
山崎 冬太 フランス文学、表象文化論 冠詞から見たフランス語の特徴 フランス語の特徴は明晰さだとよくいわれます。そのことを具体的に示すために、フランス語の冠詞の使い方を例にとり、英語と比較してお話しします。
フランスの象徴詩について ボードレール、マラルメ、ランボーなど、フランスの象徴派の詩人の作品を紹介します。フランス象徴主義に影響を受けた中原中也や小林秀雄についても触れてみたいと思います。
中国の言語と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
塚本 信也 中国語学、中国文学、中国文化史 なんで外国語やるの?
~ここはドコ、わたしはダレ~
『外国語をはじめる前に』という本を読んだ高校生が、著者に「英語学習法が書いてなかった、書名に偽りあり」とクレームを言い立てたそうな。なるほど、“外国語はイコール英語だ”、と。でも、どなたもご存知の通り、世界というヤツはそうシンプルにはできていないわけです。「なんで英語やるの?」 そんな素朴な疑問を抱いてしまった人のために、外国語(学)の話をしたいと思います。
マナとカナ
~外来語と表記、そして中国語の場合~
全然話せなかったけれど、筆談で何とかなりましたよ――。同文同種なるスローガンはすでに死語の世界かと思いきや、ここぞの場面で息を吹き返すようです。同形同義、同形異義、同形類義などなど、日本の漢字と中国の漢字は双生児に見えるからこそ、却ってトラブルを生みやすい。まずは意訳と音訳の狭間で揺れる中国語の語彙から、クイズ形式で紹介しましょう。
楊 世英 中国語コミュニケーション 面白い中国語と中国 中国語の発音は非常に面白く抑揚感があり、まさに歌を唄うような感じです。中国語と漢字を通して中国の悠久的な歴史だけでなく現代の目覚しい社会変動を見ることもできます。
中国人と日本人
~その違いと未来~
たとえば『三国志』の世界のように鼎立するからこそバランスが取れる、あるいは対立を内包して世界が構成されると考える中国人。他方、対立を好まず、和を重んじる日本人。さて、両者の違いをどう考えたらよいのでしょう。共に苦労をし、共に乗り越えてこそ、信頼は生まれます。一緒に苦労してみませんか、21世紀を共に生きる我々なのですから。
日本語の発想、中国語の発想 日本語と中国語では漢字を使います。しかし「同文同種」ではありません。日本語の発想・中国語の発想について相違点を探りながら言語学習の楽しさを紹介します。
韓国の言語と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
金 永昊 日韓比較文化・文学 韓国の言語と文化 最近、韓国との交流はますます盛んになりつつあり、経済的にも政治的にも日韓関係の重要性は増しています。本講義では、このような国際環境の中で、韓国に対する総合的な理解を持つことを目標とします。具体的には、韓国の社会・教育・衣食住・世界遺産・伝統と風習・政治と経済・韓流・生活文化・北朝鮮などのテーマについて、統計資料・写真・動画を用いて、日本の文化と比較しながら韓国文化への理解を深めていきたいです。
韓国の歴史と文化
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
松谷 基和 韓国近現代史、東アジアキリスト教史 韓国における政治と宗教
~なぜ韓国ではキリスト教が盛んなのか~
韓国は東アジア諸国の中ではキリスト教徒の人口比率が最も高くなっています。また、日本と比べるとキリスト教が韓国の政治や社会に与える影響は極めて大きいと言えます。儒教や仏教といった東アジアに共通の文化的背景を持ちながら、なぜ近代の韓国においてのみキリスト教が急速に受け入れられたのでしょうか?この問いには諸説ありますが、本講義では主に韓国近代史を取り巻く国際政治的要因と国内の社会的要因に注目しつつ、解説を試みます。
言語教育・外国語習得
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
佐藤 真紀 日本語教育 日本語がわからないクラスメイト
〜年少者日本語教育の知見から〜
近年日本の学校に、外国から来た「日本語が母語ではない子ども」が増えています。本講義では、そのような子ども達に注目し、彼らがどのような状況にあり、どのような課題を抱えているのかを年少者日本語教育・バイリンガル教育の知見から捉えていきます。実際に周りにいる「日本語が母語ではない子どもに想いを馳せ、彼らに対してどのようなサポートが必要か、私たちに何ができるかを考えてみたいと思います。
外国語として学ぶ「日本語」 日本語が母語である私たちにとって、普段は日本語のしくみや機能を意識する機会は少ないでしょう。では、日本語を勉強する人たちにとって、「日本語」はどのようなものなのでしょうか。実は、そこには日本人が知らない日本語のルールがあるのです。本講義では、日本語教育の領域から、日本語のルールを紹介し、日本人にとっては当たり前になっている「日本語」の新たな側面を見つけたいと思います。
原 貴子 日本近代文学 短歌を読む 短歌は自由に解釈していいのでしょうか。短歌は、一首単体・作者名、初出誌の中の一首、歌集の中の一首というかたちで発表されることが多いと言えます。そのような発表形態の違いや作者の事蹟、言葉の歴史性などといった複数の観点から、寺山修司の短歌「そら豆の殻一せいに鳴る夕母につながるわれのソネット」を対象にして、短歌享受のあり方について具体的に考えていきます。

情報科学科

コンピュータとその応用
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
乙藤 岳志 コンピュータ科学・物理学 インターネットとセキュリティ インターネットの原理を概観し、インターネットにはコンピュータウィルスに代表される負の側面があることを解説します。また、コンピュータウィルスに対する対応策について紹介します。(3名の教官いずれも対応可能です)
塩田 安信 コンピュータ科学・確率論・実解析学
杉浦 茂樹 通信ネットワーク・コミュニケーション論
伊藤 則之 コンピュータ科学 コンピュータを作る人々 世の中ではパソコンが家庭に普及して、身近でコンピュータを使えるようになってきました。パソコンをはじめとする世の中のコンピュータについて、その開発の歴史を振り返り、またどのようにして作られているかについて、わかりやすく解説します。特に、コンピュータの頭脳であるプロセッサを設計する際に使われるソフトウエアについて、具体的な事例とともに説明します。
ソフトウエアとは一体何か? コンピュータの世界では、ソフトウエアとかアプリとか呼ばれているものがありますが、一体その実体は何で、どのようにしてつくられているのかについて、わかりやすく解説します。また、小学生でもソフトウエアをつくっているというのは本当なのか、自分のパソコンでも簡単にソフトウエアをつくる方法はないのか、どのようにしてつくればよいのか、こうした疑問について具体的事例をもとに説明します。
坂本 泰伸 分散型データ収集システム 巨大科学実験を支える情報科学技術 我々の世界を構成する物質の中で、最も小さいと考えられている「素粒子」を研究するには、空港などよりも大きな設備が必要になります。また、大量に発生するデータを短時間で処理する技術、すなわち最先端の情報科学技術も必要となります。講義では、実際に日本やヨーロッパで行われている最先端の実験を写真などで紹介しながら、そこで利用されている情報技術を紹介をします。
情報機器を利用した高齢者の生活支援 私たちの身の回りには無数の情報が存在しており、その情報はスマートフォンなどの携帯端末を使って便利に利用出来るようになってきました。私たちは、この携帯端末を利用して高齢者の生活支援を進めています。この講義では、情報の持つ意味を考えながら、携帯端末を利用した高齢者の生活支援について考えます。
菅原 研 ロボティクス・自律分散システム 家庭用ゲーム機のウラ側 日頃慣れ親しんでいる家庭用ゲーム機。遊んで楽しむばかりでなく、そのウラ側を少し覗いてみませんか?この講義ではコントローラを中心に、ゲーム機の仕組みについて、簡単な原理実験も交えながら分かりやすく説明します。
武田 敦志 情報科学・コンピュータネットワーク ビッグデータが変える私達の生活 SNSスマートフォンなどが登場したことにより、情報の価値や利用方法が劇的に変化しつつあります。特に、「ビッグデータ」と呼ばれる膨大な量の情報を活用することにより、今までは見つけることができなかった現象やビジネスを発見しようという試みがなされています。この講義では、「ビッグデータ」が利用されることよって皆さんの生活がどのように変わっていくのかについて考えていきます。
人工知能って何?
〜コンピュータにできないことを探そう〜
「人工知能」と言いますと非常に難しい分野の話に聞こえますが、その基本的な仕組みは単純な考え方からできています。この講義では、人工知能の仕組みと作り方について簡単に説明します。また、人工知能の話を通じて現在のコンピュータ技術の限界について考え、今後の情報化社会で活躍するために必要となるスキルについて考察していきます。
松本 章代 ウェブ情報学 スマホアプリの作り方 高校生にとっても身近なスマートフォン。そのアプリを自分で作ってみたくありませんか。専門知識のない高校生にもできるスマホアプリの作り方を実演しながら説明します。情報科学科で学べることは「ソフトの使い方」ではなく「ソフトの作り方」です。そのことを実感してもらうことをねらいとしています。
数学を楽しもう
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
岩田 友紀子 解析学 バナッハ・タルスキのパラドックス 一粒の豆を有限個に分割して組み立てなおすと太陽の大きさにすることができるという定理があります。信じられないかもしれませんが、これは数学的に”正しく成り立つ”定理なのです。しかし、あまりにも不思議な結果にバナッハ・タルスキのパラドックスと呼ばれたりしています。 この定理と定理の証明を紹介します。
上之郷 高志 関数方程式論 錐体の体積について 錐体の体積は「底面積×高さ÷3」であることはよく知られていますが、何故3で割るのかを証明するのは微分積分学の範疇です。しかし「底面積と高さが等しい2つの錐体の体積は等しい」ことを認めると、上の公式(何故3で割るのか)は中学生や高校生にも容易に理解することが出来ます。黒板に簡単な絵を描くだけで説明が可能です。
小林 善司 代数学 数え上げ組合せ論入門 数え上げ組合せ論の初等的話題である場合分けの数、和と積の法則、順列、組合せ、集合の分割とスターリング数、数の分割とヤング図形、包含と排除の原則、二項定理と母関数などからいくつかのトピックを選んで解説します。
佐藤 篤 数論幾何学 有理数による実数の近似 円周率 3.14159… に「近い」分数として 22/7 や 333/106 が知られています(電卓で 22÷7 や 333÷106 を実際に計算してみて下さい)。講義では、ユークリッドの互除法の話から出発して「連分数」というものを導入し、実数を効率よく近似する有理数を組織的に構成する方法を紹介します。
星野 真樹 微分方程式論 数学における拡張・一般化のお話 数学の世界では矛盾が起こらない限り、自由な発想で様々な事柄を一般化し拡張することがしばしば行われます。また、それらが有用である場合が多いことはよく知られています。この講義では、二項定理、階乗等、通常は自然数に対して定義される数をより拡張し一般化する話題や、関数の拡張、微分の拡張に関係する話題等から適当なものを選んで紹介します。
生物と情報処理
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
土原 和子 生物感覚情報 チョウはあしで味見する チョウは産卵する植物が種によって正確に決まっています。例えばアゲハチョウはミカンに、モンシロチョウはキャベツなどです。雌チョウ(母親)はどのようにして幼虫が食べる餌を見分けているのでしょうか。実は母チョウは前足で味見をしています。この講義ではチョウの味覚に関するお話を産卵をカギにしてわかりやすく解説します。
松枯れはどうしておこるの? クロマツは耐乾性及び耐塩性に優れ貧栄養土壌でも生育可能なため、沿岸部各地で防風・防 砂林として植栽されており、我々日本人にとって身近な樹木といえます。しかし、これらのマツは「松枯れ」によってどんどん失われています。松枯れは、病原線虫がマツノマダラカミキリという昆虫によって マツの樹木にはいることによっておこります。この松枯れは、線虫と昆虫との巧妙な 相利的便乗関係にあります。その関係を解説し、今後私たちがどうすればいいのかを考えます。
牧野 悌也 生命システム情報学 情報って何?
~生物と情報の関わり~
ネットワークと携帯端末が普及した現在、情報の無い生活は想像できません。でもちょっと考えてみてください、そもそも「情報」ってなんでしょう?実は「情報」は”生き物”が生きていることと切り離すことができません。この講義では、我々がどのようなものを情報と捉えているのかを表す具体例として錯視図形を示しながら、生き物が生きていることと「情報」との関係について解説します。
脳の計算論 我々がいろいろなものを知覚できるのは脳のおかげですが、このとき脳はどのように働いているのでしょう?じつは様々な知覚を生み出すために脳は”世の中の「もっともらしさ」を計算している”と考えることができます。この授業では、視覚を例に挙げ錯視図形を題材に、脳がどのような計算を実行する情報処理システムなのかを皆さんと一緒に考えます。
松尾 行雄 生物音響学 生き物に学ぶ
~コウモリとイルカから~
コウモリは暗闇の中で、イルカは水中でいきており、どちらも目で周りの物を見ることが難しいと考えられています。これらの動物では私たちと異なり、音を用いて周りの環境を理解していることがわかっています。この講義では、コウモリとイルカの音の用い方をわかりやすく説明し、この優れた能力に学んだ応用例を解説します。
自然界の面白さ
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
菅原 研 ロボティクス・自律分散システム アリと人間 アリは集団になることで高度な社会システムを作り上げていますが、アリがつくる社会は人間社会とどれくらい似ているのでしょう?あるいはどれくらい違っているのでしょう?この授業ではアリにまつわる様々な事実を紹介しながら、私たち人間のありかたについて考えてみます。
村上 弘志 X線天文学 目では見えない宇宙の姿 SF小説によく出て来るブラックホールとはどのような天体でしょうか?また、星の最期の大爆発はどのように起きるのでしょうか。そういった灼熱と激動の天体を探るのがX線天文学です。目で見える光以外で見ることで、全く違う姿の宇宙が見えてきます。この授業では,このような”高エネルギー天体”の観測結果を写真や映像を用いて解説し、新しい宇宙の姿を紹介します。
科学と発想法
教員 教員の専門領域 講義タイトル 講義概要
菅原 研 ロボティクス・自律分散システム 理科系アタマの問題解決法 ”理科系アタマ”の考え方とはどんなものでしょうか?”理科系”といっても数学や理科の問題を解くだけのものではありません。わたしたちの周りの面白い自然現象や社会現象を、様々な考え方を通して理解し、その仕組みを解明するものです。この講義では簡単な実験などを交えて、”理科系アタマ”の働かせ方やその重要性についてお話しします。(3名の教員いずれも対応可能です。サブテーマとして「理系、文系の区別って本当に必要?」「数字に騙されないために、数を見る目を養おう」「仮説的思考法のすすめ」などもあり、それぞれの専門に絡めた話も交えながら説明します。)
牧野 悌也 生命システム情報学
村上 弘志 X線天文学

地域構想学科

人と自然領域
教員 教員の
専門領域
地域を「みる」
「つくる」
「考える」
講義タイトル 講義概要
平吹 喜彦 生態学・環境教育 地域を
「考える」
ふるさとの海岸復興
~自然の恵みを未来に伝えるために~
東日本大震災で被災した海岸域を取り上げ、「暮らしの拠り所としての自然環境」の破壊、自己再生、恵みと災いについて話題を提供し、「持続可能な地域づくりのあり方」について話し合う。
森に学ぶ、私たちの未来
~森があって、ヒトがいる~
生態学の視点から森林の構造や機能を紹介し、地球・地域の環境問題の改善にむけた行動のあり方について話し合う。
地域の自然と伝統的暮らしをみつめる
~Satoyamaは‘生きものと生活知’の宝石箱~
Satoyama(里地・里浜・里山)の豊かな生態系、そして自然と調和した生活様式を学び、「持続可能な地域」のイメージを構築する。
松本 秀明 自然地理学・地形学 地域を
「考える」
災害履歴の把握による防災・減災 海沿いの平野で地層を調べると、過去数千年間に何回かの大規模な津波や洪水が押し寄せたことを示す証拠が見いだされます。大災害に対する防災意識を高めるために、過去の大規模災害の歴史を明らかにしようとする研究例についてお話しします。
地域を
「みる」
川の働きと自然災害
~地理学は災害科学~
教室で習う侵食、堆積、運搬という川の働きは、現代の私たちの社会では自然災害の原因となります。将来も起こりうる巨大洪水現象を仙台平野を例に紹介します。
宮城 豊彦 地生態学 地域を
「考える」
環境が森を壊し森を作る
~マングローブダイナミックス~
熱帯・亜熱帯の潮間帯における環境変動とマングローブ林のダイナミックな相互作用をフィールド科学の立場から解明する面白さを伝えたい。
環境防災科学 地域を
「つくる」
地域防災は地域づくり
~GIS・フィールドワークと地域防災~
一人ひとりに応じた防災計画を作り上げる過程で地域が分かり、お年よりも元気になる。この意味を考えます。
栁澤 英明 土木工学・防災学 地域を
「つくる」
自然災害と防災
~災害のメカニズムを学ぶ~
都市環境で発生した災害の事例やメカニズムを学び、現代社会における防災のあり方を考えます。
健康と福祉領域
教員 教員の
専門領域
地域を「みる」
「つくる」
「考える」
講義タイトル 講義概要
天野 和彦 スポーツマネジメント 地域を
「つくる」
地域のスポーツマネジメント
~地域とスポーツのむすびつき~
地域とスポーツには、地域活性化や経済効果、交流促進や、健康増進、地域の伝統文化(スポーツや武道・舞踊等)の伝承といった様々なむすびつきがあります。例えば、2020年の東京五輪は地方での開催を積極的に企画しており、多くの都市がスポーツとツーリズムを真剣に考えて取り組んでいます。そういった事例を交えてお話しできます。また、震災をテーマに復興とスポーツの関係をこの枠組みからお話しすることもできます。
地域を
「考える」
運動部活動のマネジメント
~いいチームってなんだろう?~
運動部活動の成功には、人のマネジメントが欠かせません。部長は部活動(組織)のなかでどのように動いたらいいのでしょうか? 運動部活動を例に、組織や人の役割について一緒に考えましょう。 また、最近では指導者(外部)だけではなく、地域のスポーツを含む組織とも関係が求められており、その点からもお話ができます。さらに、昨今問題となっているスポーツと安全を管理するマネジメントについても事例を交えてお話したいと思います。
大澤 史伸 社会福祉学 地域を
「つくる」
あなたの夢を実現する~NPO超入門~ NPOって何だろう?NPOは何ができるのか?あなたの夢を実現する可能性のあるNPOについてゼロから学びます。
菅原 真枝 福祉社会学
地域を
「つくる」
バリアフリー・ユニバーサルデザインのまちづくり バリアフリーやユニバーサルデザインの概念を学ぶとともに、福祉のまちづくりの具体的事例を紹介します。
地域を
「考える」
特別養護老人ホームはいま 老人ホームに暮らすお年寄りがいまどんな生活をしているのかを紹介します。介護という仕事についても考えます。
高橋 信二 応用健康科学 地域を
「つくる」
地域における身体活動と健康 楽しく生きる!そのためには健康であることが必要です。本講義では、健康と運動の関係をわかりやすく解説します。
運動は頭を良くする? 最近の研究により、運動は頭を良くする効果を持つことがわかってきました。運動と脳機能の関連を簡単に解説し、丈夫な脳機能を維持する方法について考えます。
地域を
「みる」
地域コミュニティとスポーツ 良いコミュニティ・良い地域とはどんな地域でしょうか?最近は、良い地域をつくる上で、スポーツコミュニティが重要な役割を果たすと考えられています。本講義では、健康の観点から、良いコミュニティ・良い地域をつくるためのスポーツコミュニティの在り方を解説します。
松原 悟 スポーツ科学・地域スポーツ 地域を
「つくる」
コーチング コーチングはスポーツだけでなく一般企業にも積極的に取り入れられています。目標達成に必要なスキルや知識、考え方を備え行動することを支援するプロセスを考えます。
地域を
「考える」
スポーツ活動のサポート 健康志向、競技志向と目的は様々なスポーツですが、大切なのは適切な運動量であるかどうかです。心拍測定を基にスポーツ活動中の適正な運動量、運動負荷について考えます。
社会と産業領域
教員 教員の
専門領域
地域を「みる」
「つくる」
「考える」
講義タイトル 講義概要
岩動 志乃夫 地域を
「考える」
人文地理学 まちの発展と地域資源の演出方法
~魅力的なまちづくりのポイント~
地域資源を活かした産業・居住空間の最適配置について考えます。
金菱 清 環境社会学 地域を
「考える」
環境的に正しいことが間違っている?
~ヒマラヤ図式~
通常環境とは、望ましい環境をどのようにすべきかという約束を含んでいます。講義では、~すべきであるということを避けながら、人々がどのように自然に働きかけてきたのかという人間と自然の関係性に焦点をあて考えていきます。
佐久間 政広 地域社会学 地域を
「考える」
挨拶を手がかりとして地域社会を考える 都会ではすれ違う人びとに挨拶しないのは何故か。挨拶を手がかりに都市社会と農村社会の違いを考えます。
地域を
「みる」
空間の社会学
~人間にとって空間の意味を考える~
私たちにとって空間は無色透明ではなく、さまざまな意味を有して現れています。社会学の立場から空間の意味の問題を考えます。
柳井 雅也 経済地理学 地域を
「みる」
日本産業のグローバル化
~ものづくりとグローバル化~
日本企業のグローバル化について考えます。特に中国に進出した日本企業の立地動向や現地での苦労話などを分析して解説します。
地域を
「考える」
東日本大震災からの復興策について 東日本大震災による復興策について、震災特区とコミュニティビジネスの観点から、その可能性と課題を考えます。
和田 正春 市民活動論 地域を
「つくる」
ソーシャル・ビジネスについて 今日話題になっている「ソーシャル・ビジネス」について、それがどういうものか、どのような可能性を持つのかということを、自分でやってみる、という視点から学んでいきます。
問題解決・実行力とは 社会には様々な問題がありますが、それをどのように捉え、解決していくのか、そのやり方について学んでいきます。問題解決力・実行力を高めて、社会で生きるための力を高めましょう。
アイディアを形にするプロジェクト・マネジメント アイディアや思いを形にしていくには、それをプロジェクトとして管理していく必要があります。適切なマネジメントを行えば、困難な課題もクリアすることができます。その考え方について学んでいきます。
地域商品・地域そのもののマーケティング 地域の資源を活かした商品開発はとても面白いものですが、それを上手くいくようにするにはきちんとした考えや理論が必要です。観光やまち作りにも生きるアイディアを学びます。
高野 岳彦 地域基礎論 地域を
「みる」
「地域」とは
~まとまり、つながり、よりどころ~
地域構想学科のメインテーマ「地域」。でも、「地域」って何でしょう? 「地域」は私たちの生活の場であり、暮らしの中にあります。見える地域、見えない地域、名前のある地域、ない地域、身近な地域、世界の地域 … 。「地域」の見方、発見方法について概説します。
人文地理学 無料ソフトによる統計分布図づくり
~Mandaraで作る分布図~
90~120分の実習授業。ネットから自由に取得できる地図ソフトMandaraを使った統計分布図づくりの指導をします。表計算ソフト(Excel)で作ったデータを使用。