東北学院大学

Language

教養学部 情報科学科

特徴的な学び

利用者の視点に基づいた表現

メディア表現の技法A

菅原 研 教授

高度に情報化された現代社会において、わたしたちはさまざまな情報メディアに囲まれて生活しています。私たちが接している文字、音声、写真、動画などのメディア情報は、ほとんどがデジタル化されたものであり、日々の生活において欠かせないものとなっています。本科目ではこれらのデジタルメディア情報に焦点を当て、利用する側からの視点に基づいた理解を深めると同時に、その仕組みについても学びます。

ある回では動画とデータ圧縮の関係について学びます。何も工夫を施さないとDVD1枚に記録できる動画は数分程度になります。どうしたら長時間の映像を記録できるでしょうか?このような問いかけから、データ圧縮の重要性と具体的な手法について理解を深めていきます。

また、ある回では、色が見えるしくみについて学びます。目はどのようなメカニズムで色をとらえているのか?液晶モニタで色はどのように表現されているか?印刷物では?などを、単なる講義だけでなく、簡単な原理実験やデモンストレーションを通して深く学びます。