東北学院大学

Language

教養学部 地域構想学科

卒業生インタビュー

将来に必要なものをご提案

住友生命保険 相互会社 仙台すみれい営業センター 勤務
河邉 奈々さん

2017年3月 教養学部 地域構想学科卒業

同じ商品をお届けするのではなく、手作りのチラシでその方に合った商品を。信頼につなげられるようがんばっています

大学時代は「なりたい自分」を探す時間

振り返れば、私にとって大学時代は「なりたい自分」を探す時間でした。日々の講義やゼミ活動、友人との関わり、アルバイトなどを通して多くのことを学ぶなかで、自分の適性を見つけることができました。そうして選んだのが保険のコンサルティング営業という仕事。すべての方に同じ商品をお届けするのではなく、手作りのチラシでその方に合った商品を提案させていただくなど、信頼につなげられるようがんばっています。「河邉さんがいてくれてよかった」と言っていただけるような営業員でいたいです。


担当する企業様を訪問し、お勤めの従業員の方に保険のコンサルティング営業を行っています。将来について一緒に考えながら、生命保険という商品を通して必要なものをご提案しております。当面の目標は、4年目から“指導者”として部下育成に関わること。その目標に向けて一人でも多くの方にお会いし、知識や経験を積んでいるところです。

学科での学びが役立った事柄

人と話す力です。地域構想学科では、ゼミ選択の前にも学外に出て現場の声をヒアリングしたり、フィールドワークを通して産業の歴史を調べるなど、多くの方と関わる機会が得られました。それら一つひとつが、現在の仕事に役立っています。