東北学院大学

Language

新着情報

松本健一特別講演会 新・海岸線は語る~東日本大震災のあとで

2013年11月11日

 来たる11月15日(金)、東北学院大学土樋キャンパス、8号館押川記念ホールにおきまして、麗澤大学経済学部教授であり、思想家・作家・評論家でもある松本健一氏を講師に招きする特別公演『新・海岸線は語る~東日本大震災のあとで』を開催いたします。
 松本健一先生は100冊以上の著作がある歴史家、評論家で、東日本大震災ののち何度も東北の海岸を訪問して、2012年に「海岸線は語る―東日本大震災の後で」という著書を発表されました。東北の海岸線の変化から近代以降の日本人の文明観の変化を振り返り、その土地に合った復興の形、住み方、生き方を考える、という内容です。ぜひ東北の方々にも聞いていただきたい、また東京の人たちも実際に現地を見て、現地の方々のお話を伺い、一緒に復興について考えたい、という思いから、このツアーと講演会を企画しました。
 本講演会は、東京からのスタディツアー「松本健一と行く東北海岸線の旅」の一環として行うものです。
 講演会では、松本先生の講演に加え、東北学院大学災害ボランティアセンター長・郭基煥氏、地元若手経営者・浅見周平氏(一ノ蔵執行役員)の復興への取り組みの紹介も行います。同日18時からは、大学関係者、地元経済人、NPO関係者などとの懇親会も開催します。
 市民の皆さまの参加をお待ちしております。

共催:東北学院大学災害ボランティアステーション、 麗澤オープンカレッジ、一般財団法人アジア総合研究機構
後援:仙台市
日時:11月15日(金)14:00-17:00
場所:東北学院大学土樋キャンパス8号館 押川記念ホール
    *公共交通機関をご利用ください。仙台市地下鉄南北線「五橋駅」下車 5分
    〒980-8511 仙台市青葉区土樋一丁目3-1
    http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/access/tsuchitoi.html
参加費:無料(先着250名様) *申込みは文末の申込みサイトから

プログラム:
●14:00-14:15 主催者挨拶 趣旨説明
     成相修 氏(麗澤大学教授、一般財団法人アジア総合研究機構理事長)
●14:15-14:20 ご挨拶
     稲葉信義氏(仙台市副市長)
●14:20-15:00 東北学院大学 プレゼンテーション
     郭基煥(かく きかん)(東北学院大学災害ボランティアステーション所長)
●15:00-15:30 プレゼンテーション
     浅見周平氏(株式会社一ノ蔵執行役員)
●15:30-15:45 休憩
●15:45-16:45 講演 「海岸線は語る―東日本大震災の後で」
     松本健一氏(評論家、作家、麗澤大学教授)
●16:45-16:55 質疑応答 (モデレーター:成相修)
●16:55-17:00 閉会の辞
     栗原智仁 氏(アジア総合研究機構会長)

131111-4_01.jpg
<PDFファイル:1.7MB>

○松本健一と行く東北海岸線の旅
http://kfasia.jp/news_desc.php?nid=21

○参加申込みサイトはこちら
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/124298/