経営学部・村山ゼミ×武田の笹かまぼこ  食と交流のイベント「塩竈あがらいん博」活動報告

2016年10月04日

 先日お知らせしました経営学部・村山貴俊ゼミと武田の笹かまぼこが連携して企画した食と交流のイベント「塩竈あがらいん博」(10月2日、9:30~12:30開催)が盛況のうちに終了しましたので、ご報告いたします。
 当日は、【写真1】のように学生達が朝早くから会場の設営や装飾を行いました。通常は団体客の食堂として使用される大きなスペースをお借りすることができました。装飾の折り紙なども学生達が作成しました。武田の笹かまぼこ・武田せつ子会長からは、「学生らしい感覚で、素敵ですね」とのお言葉を頂きました。

 9:30、いよいよ開店です。提供されたお料理は【写真2】。村山貴俊ゼミと武田の笹かまぼこが20~30代女性をターゲットに共同で調査・企画した新作・笹かまぼこ「アーモンドプラリネ笹かまぼこ」1品、武田の笹かまぼこ創作オリジナルレシピ2品の3種盛り合わせと、武田武士専務お薦めの日本酒「からくち浦霞」「四季の松島」「武田の笹かまぼこオリジナル 笹かまに合うお酒」3種のセットとなります(ドライバーのためにソフトドリンクとのセットも提供)。【写真3】のように、盛岡や遠くは兵庫県から武田の笹かまぼこを訪れた観光客の方も、このイベントを知って急遽参加してくれました。また、JR本塩釜駅で配布したチラシで本イベントを知って駆けつけてくれた地元の方もいました。そのほか、学生の家族や友達、そして経営学部の教員にもご参加頂きました。わずか3時間の限定イベントでしたが、24名のお客様にお越し頂きました。

【写真1】会場設営の様子    【写真2】提供されたお料理    【写真3】イベントの様子
161004-3_01.jpg 161004-3_02.jpg 161004-3_03.jpg

 もう1つのテーマの交流については、【写真4】のように、10:00、11:00、12:00の3回、学生たちがお客様の前で自分達の研究成果を発表しました。昨年秋に塩竈と共同で実施したアンケート調査の分析結果、その後の武田の笹かまぼことの新商品開発に向けたSNSを利用した消費者動向調査や市場調査などを報告しました。参加者の皆様からは、「学生でもここまで出来るんですね。感心しました」とお褒めの言葉を頂きました。また学生からも積極的にお客様に声がけをして、塩竈の観光や商品開発の取組に関して意見交換を行いました。
 その後、【写真5】のように新作・笹かまぼこ「アーモンドプラリネ笹かまぼこ」が、武田の笹かまぼこ本社の店舗で実際にテスト販売されることになりました。【写真6】のように社員の方々が、学生が作成した看板を利用して急遽売り場を設えてくれました。「アーモンドプラリネ*笹かまぼこ」は、加熱した砂糖を和えてカラメル化したナッツを笹かまぼこに練り込んだ商品で、ほんのり甘みのする“ハイブリッド・スイーツ”という市場ポジションを狙っています。
*プラリネとは、焙煎したナッツ類に加熱した砂糖を和えてカラメル化したものをいう。

【写真4】学生によるプレゼン      【写真5】新商品のテスト販売開始     【写真6】売り場を準備   
161004-3_04.jpg 161004-3_05.jpg 161004-3_06.jpg

 今後はテスト販売での売れ行きやお客様の反応、そしてイベント参加者のアンケートからの貴重な意見やアドバイスを基に、商品としての質を高めていくことになります。また商品化を前提として、パッケージや宣伝方法なども武田武士専務と打合せを進めていくことになります。
 イベント終了後には、【写真7】のように武田せつ子会長からイベントへの感謝の言葉が伝えられ、「最初に企画を見せて頂いた時から、素晴らしい取組だと思っていました。私は苦しい時にも信念をもって会社を経営してきました。これらから皆様も社会に出て辛いことが沢山あるかもしれませんが、絶対に出来るという信念を持って何事にも挑戦してください」と自らの経験を踏まえた貴重なアドバイスを頂きました。最後に【写真8】のように創作料理を調理して頂き接客応対などを含めご指導を賜った津島料理長と記念撮影をし、無事イベントを終えることができました。ご支援頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

【写真7】武田せつ子会長とのイベントの振り返り     【写真8】津島料理長との記念撮影     
161004-3_07.jpg 161004-3_08.jpg

■イベントを実施した学生のコメント
 木村歩さん(経営学部4年生)「商品について良い点、悪い点など、いろいろ意見が頂けました。それら意見をもとに改良を加え、より良い商品にしていきたいです」
 渡邊弥生子さん(経営学部4年生)「調査や商品企画の中で、塩竈の企業の方と真剣に打合せを重ねてきました。大変勉強になりました。自分自身、大きく成長できたのではないかと思います。イベントではもう少し積極的にお客様に声掛けをすれば良かったかなと反省しています」

 イベントに関する問い合わせは、東北学院大学経営学部まで。
 商品に関する問い合わせは、武田の笹かまぼこ(022-366-3355)まで。