仙台市立病院跡地利活用の事業候補者に選定されました

2016年12月22日

 仙台市立病院跡地利活用の事業候補者に選定されました

                                                                 学校法人東北学院 理事長  
                                                                 東北学院大学 学長   松本 宣郎

       

 この度、学校法人東北学院は、仙台市立病院跡地利活用に係る事業提案につきまして、本日12月22日、午前9時に事業候補者に選定した旨、通知を受けましたのでご報告いたします。
 学校法人東北学院の提案は、学都仙台の連携・交流シンボル『五橋アーバンキャンパス(仮称)』をコンセプトに据えています。多くの学生が集うキャンパスとしての機能に加え、市民に開かれたキャンパスとして公開講座の開催、市民が学ぶ機会の創出、さらにレストランやホールなど憩いの空間も備えており、市民に開かれたキャンパスとして活用いただけます。さらに地域との連携拠点機能を持ち、新たな交流拠点として仙台市という都市ブランドの更なる向上や新たな賑わいの創出に資する内容となっています。
 東北学院は、若者が切磋琢磨し、地域の人々が新たな知を求めて集い、未来を担う中高生も親しみをもつ「学都仙台」の連携と交流のシンボルとなる都市型キャンパスの整備に取り組んでまいります。
 事業候補者として選定されましたが、今後の手続を経て最終的決定がなされるまで、全学教職員が気を引き締め、実務に向けて準備を進めてまいります。
 今後、決定内容につきましては、随時ご報告させていただきます。
 最後になりましたが、ご協力いただきました関係各位に深く感謝申し上げます。
 

161222-1_2.jpg.jpg      

以上