《予告》シンポジウム『震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力』

2017年01月20日

 昨年2月24日、押川記念ホールで開催された、東日本大震災緊急シンポジウム『霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題』は、多くのメディアの注目と聴衆が集まり、本学の取組みについて真摯な姿勢で報道いただきました。

170110-1-1.jpg

2016年2月24日 
霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題_1

170110-1-2.jpg   170110-1-3.jpg
2016年2月24日 
霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題_2
  2016年11月12日
学都コンソーシアム公開講座での金菱先生
     

 この度、その第2弾となるシンポジウムが来る2月5日(日)、下記の内容で開催されることになりました。今回の内容は、昨年のシンポジウムと関連付け、「人間社会で死者と生者、死者と死者をどのようにつないでいくのか」について、議論を深めます。
 現在詳細プログロムを詰めているところですが、開催まで1ヵ月を切りましたので取り急ぎ《予告》としてお知らせいたします。なお、詳細内容と案内のリーフレット完成の際には、再度ホームページでご案内いたします。
 

◇  ◆ ◇ ◆ ◇

河北新報社との連携事業・鼎談企画
シンポジウム『震災と霊性―亡き人の声を感じ、生きるという力』

170110-1_4.jpg

クリックしてPDF表示(1.0MB)

■日時:2017(平成29)年2月5日(日)14時~17時 ※13時30分開場
■場所:ホーイ記念館ホール

講師陣(一部予定)
・堤  幸彦 氏(映画監督)
・若松 英輔 氏(批評家・随筆家)
・麥倉  哲 氏(岩手大学教育学部教授)
・金菱   清 氏(本学教養学部教授・コーディネーター)

【プログラム】
・14時00分 開会・挨拶
・14時05分 趣旨説明(佐々木俊三学長特別補佐)
・14時15分 kesennuma,Voices4.東日本大震災復興特別企画~2014堤幸彦の記録~上映
・15時00分 休憩
・15時05分 問題提起(金菱清教養学部教授)
・15時10分 意見発表(麥倉氏、堤氏、若松氏)
・16時05分 休憩
・16時15分 ディスカッション(麥倉氏、堤氏、若松氏、金菱氏)
・17時10分 質疑応答
・17時30分 閉会

主催/東北学院大学 河北新報社
問い合わせ
学長室事務課(担当:安達、相澤)
TEL 022-264-6424        FAX 022-264-6364
E-mail ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp