経営学部 ビジネス・ケース研究最終発表会:トランスコスモス(株)への事業戦略と人材戦略の提案 開催報告(1/21開催)

2017年01月23日

 経営学部では、企業と連携した実践志向の教育を展開しています。中でも「ビジネス・ケース研究」(担当:村山貴俊、折橋伸哉、矢口義教、尾田基、秋池篤)という実践型講義では、大学生に実際の企業の経営戦略を立案させています。学生たちは、講義で学んだ経営学の理論や分析枠組みを活用して企業が抱える問題点を見つけ出し、その問題の原因を突き止めたうえで問題解決に向けた戦略を立案します。さらに立案した戦略を経営者に提案し、実際に評価を受けます。こうした学びの中で、学生たちは、経営学の理論を実践に応用する力を身につけます。

170123-1_1.jpg 170123-1_2.jpg

 1月21日(土)(於、土樋キャンパス・ホーイ記念館)に、東証1部上場会社のアウトソーシングビジネス最大手、トランスコスモス(株)(本社:東京都渋谷区)に対して事業戦略と人材戦略を提案しました。
 東北地方の大学生との出会いの場を探していたトランスコスモスと、実践教育用の教材を探していた東北学院大学経営学部の狙いが一致したことで、本発表会が実現しました。トランスコスモスからは、同社理事・人事本部本部長の名倉英紀様、同・新卒採用課長の濱邊弘成様、同・人事本部の白須麻那様にお越し頂き、学生の発表を評価頂きました。多くの企業がインターンシップなどで学生との早期の接触を図っておりますが、大学の講義の中で学生が主体的に企業や業界を分析し、さらに企業関係者とも学びを通じて交流を深めるという取組は珍しいといえます。
 
 発表内容は、以下の通りです。
■事業戦略
 A班=生産性向上に向けた提案型営業の強化
 B班=外国人旅行客向けの多言語コールセンターと情報提供サイトへの事業拡大
 C班=VRを活用した多角化戦略
 D班=中小企業に向けたクラウド型会計ソフトによる販路拡大
 4年生1班=大手企業への営業深耕戦略と越境EC事業による利益率の改善
■人材戦略
 E班=SNS活用による採用戦略
 F班=メンバーシップ型とジョブ型採用の併用とFA・公募制度によるジョブフィット
 G班=CSR活動を活用した新卒採用と社員の動機づけ
 H班=理系女子と外国人留学生を獲得するための採用戦略
 4年生2班=テレワーク導入によるワークライフバランスの実現

170123-1_3.jpg 講義終了後には、学内カフェテリア「BIRTHDAY」にて交流会を開催し、優秀発表を表彰しました。
 事業戦略の第1位=4年生1班、第2位=A班でした。
 人事戦略の第1位=F班、第2位=H班でした。

170123-1_4.jpg 170123-1_5.jpg

 本件に関する問い合わせは、経営学部・村山(022-721-3201)まで