本学工学部電気電子工学科の薮上信教授 TBS あさチャンに電話出演

2017年08月21日

 昨今、突然の局地的豪雨や前線の影響によって長時間にわたる記録的豪雨や落雷、竜巻や雹(ひょう)など、不順な天候が続いています。8月19日の花火大会での突然の落雷によるけが人が出るといったニュースが報じられました。
 本日8月21日、TBSで放送された朝の情報番組「あさチャン」で取り上げられた「荒天 落雷 2時間で1000発 都市で多発した原因は?」というコーナーで、本学工学部電気電子工学科の薮上信教授がテレビ局の要請を受け、電話出演しました。
 8月19日に発生した多摩川二子橋公園での落雷事故に関するコメントと、落雷事故から身を守るための方法などについて解説し、積乱雲・雷雲が近づいたら早めに鉄筋コンクリート等の頑丈な建物等へ避難する必要性について述べました。
 薮上教授の専門は磁気工学、高電圧工学で、高感度磁気センサの開発および生体磁気信号の計測、磁性薄膜の高周波評価に関する研究等をしています。