東北学院大学

Language

新着情報

経営学部:ビジネス・ケース研究(実習)Ⅱ・Ⅳ 塩竈市「(株)武田の笹かまぼこ」への戦略提案を実施しました

2018年01月29日

 2018年1月20日(土)(13:00~16:30)に、経営学部「ビジネス・ケース研究Ⅱ、Ⅳ」(担当:村山貴俊教授、折橋伸哉教授、矢口義教准教授)の最終報告会を実施しました。宮城県塩竈市に本社をおく「(株)武田の笹かまぼこ」の専務取締役・武田武士氏をお招きし、7つの学生チームが同社の更なる成長に向けた戦略を提案しました。
 戦略提案の内容は、以下の通りです。

1班 関東圏・高級スーパー向けプロモーション戦略―製品比較による独自性の訴求
2班  笹かまぼこのソールフード化―塩竈市の食育と産業振興を目指したCSV戦略
3班 「かまドッグ」を活かしたPR戦略―地域特産品とコラボした出張販売と宣伝広告
4班  本社工場における体験型事業の新展開―かまぼこ作り体験
5班 インスタ映えする新商品の開発―エスパル店でのテイクアウト商品の強化
6班 生涯学習プログラムとしての体験型観光の立ち上げ―笹かまぼこ料理教室の実施
7班 機能性表示食品の開発による新規顧客の獲得―販路と顧客の新規開拓に向けて

 武田専務に上位3チームを選考いただき、1位=1班、2位=3班、3位=7班という結果になりました。同専務からは「予想していた以上に優れた提案が多かった。直ぐに実行したい内容もあり、会社に持ち帰り検討したい」との総評をいただきました。
 経営学部は、「経営学の理論を活用して地域や企業の課題を解決できる人材を育成する」という教育目標に則し、地域企業と連携した実践型講義を展開しています。経営学部の教員や学生との連携をご希望される企業様や自治体様がございましたら、ぜひお声がけください。
                                             (本記事に関するお問い合わせは経営学部・村山まで)

180129-9_1.jpg 180129-9_2.jpg
180129-9_3.jpg 180129-9_4.jpg