東北学院大学

Language

新着情報

東北学院大学博物館で大学生による企画展「装い暮らし狩り遊び祭り:復元・アイヌの民具」を開催

2019年01月26日

190126-2_1.jpg
 大学生による企画展「装い暮らし狩り遊び祭り ―復元・アイヌの民具―」

 東北学院大学博物館は、博物館学芸員資格課程の履修学生の実習と、学芸員を目指す大学院生の訓練のために、企画展を企画・実施、展示図録の作成などを行ってきました。
 今回の企画展は、アイヌの復元民具のコレクションを紹介します。展示する復元民具は、文学部歴史学科の加藤幸治教授と北海道沙流郡平取町二風谷の工人、高野繁廣さんとのコラボレーションによって製作し、大学博物館の収蔵資料となったものです。復元をお願いした民具は、かつて萱野茂氏が収集し、現在は国の重要有形民俗文化財「北海道二風谷及び周辺地域のアイヌ生活用具コレクション」に指定されている民具をモデルとしています。復元にあたっては、詳細な製作法や材料について記した萱野茂『アイヌの民具』(すずさわ書店、1978年)の記述を参考に製作しました。
 展示と図録作成は「博物館実習」履修の文学部3年生(「博物館実習」履修生)が担当、展示室で映写するアイヌの祭りチプサンケの記録映像は歴史学科2年生(「民俗学実習Ⅰ」履修生)が担当し、学芸研究員(文学研究科アジア文化史専攻の大学院生)が全体のとりまとめを行いました。
 大学生たちならではの、楽しい企画で楽しんでいただきたいと思います。
※来場者には、本展図録として学生が作成した館蔵品図録『KOREMITE vol.4』を無料配布しています。

190126-2_3.jpg 190126-2_4.jpg 190126-2_5.jpg


開催期間:2019年1月26日(土)~5月25日(土)
会場:東北学院大学博物館
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:日曜日、祝日、休日、大学の定める休館日(大学春休み中は土曜休館)
    ゴールデンウィーク中は4月28日(日)~5月6日(月)休館
入館料:一般200円(減免あり)
    5月15日(水)「創立記念日」、25日(土)の最終日は入場無料
来館方法:地下鉄「五橋駅」下車、愛宕上杉通を南方向に徒歩5分
駐車場:障害者等用駐車場3台