英語英文学研究所定例講演会【2/7開催】

2017年01月24日

〈分断〉に抗い、いかにシェイクスピアを読むか

日時:平成29年2月7日(火) 14:40~16:10
会場:土樋キャンパス ホーイ記念館3階H303教室

oc2016au-32_1.jpgPDFファイルはこちら

 2016年12月現在、世界は〈分断〉に満ちているように見える。イギリスがEUからの離脱を選択したことは、ベルリンの壁崩壊が象徴した〈融和〉に匹敵する、歴史に残る〈分断〉に思われる。アメリカの大統領には「メキシコとの国境に壁を築く」と宣言し、「イスラム教徒のアメリカへの入国を禁止すべきだ」との主張を繰り返したドナルド・トランプ氏が就任することとなった。世界各地で内向きのポピュリズムが頭をもたげている。このような政治状況を、文学とは直接関係のないこととして無視するのではなく、むしろそうした世界に生きる一人として、いま文学を読むことの意義を問い直したい。シェイクスピアの『オセロ』をとりあげ、どのようにテクストと向き合えば世界の〈分断〉に抵抗できるかを考えてみたい。

■講師
 本学文学部英文学科准教授 福士 航(ふくし わたる)
 

対 象:どなたでも受講できます
申込方法:直接会場にお越しください
受講料:無料
主 催:東北学院大学 英語英文学研究所問合せ先:東北学院大学 研究機関事務課
〒980‑8511 仙台市青葉区土樋1 丁目3‑1
TEL 022‑264‑6401 FAX 022‑264‑6530