東北学院大学

Language

新着情報

【英語英文学研究所学術講演会】コーパスから見えてくる英語表現の豊かさと規則性について-英語における名詞句を中心に-(12/16開催)

2017年11月24日

コーパスから見えてくる英語表現の豊かさと規則性について
- 英語における名詞句を中心に -

英語英文学研究所学術講演会

申込不要   無 料   土 樋


日時:平成29年12月16日(土) 13:00~14:30
会場:土樋6号館4階 641教室

 英語には、「限定用法における形容詞は、後続する名詞を修飾する」という文法規則があります。形容詞は、その規則に従いながら、名詞との間に多様な修飾関係を構築し、物体や人の性質・状態(例:a tall person)のみならず、動作の様態(例:aquick sandwich)や、出来事の在り方(例:an occasional coffee)、動作主の心情(例:a sad cigarette)などを表すことができます。
 本講演では、コーパス(電子化された言語資料)からの実例の観察を通じて、英語の様々な構文に現れる、名詞句の修飾関係の豊かさと、その修飾関係に見られる規則性について考察します。また、英語の名詞句に見られる修飾関係には、時代とともに衰退するもの、新たに創り出されるものがあることを示していきます。

 講 師                                               Lecturer
   
  高知県立大学文化学部准教授 金澤 俊吾 氏(かなざわ しゅんご)
 

【講師略歴】
 1973年、青森県生まれ。2001年、東北大学大学院情報科学研究科人間社会情報科学専攻修了、博士(情
 報科学)。岩手県立大学宮古短期大学部講師、准教授を経て、2010年より現職。専門は英語学。

【主な著書・論文】
 「いわゆる転移修飾表現再考」(深谷輝彦・滝沢直宏(編)『コーパスと英文法・語法』英語コーパス研究
 シリーズ4、ひつじ書房、2015年)、「名詞句内の事象修飾に見られる意味的特徴について」(小川芳
 樹・長野明子・菊地朗(編)『コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論』、開拓社、2016年)、
 「Walk one’s wayにみられる合成性と意味的特徴について」(『英語語法文法研究 19』、英語語法文法学
 会、2012年)など。

 


対 象   どなたでも受講できます
申込方法   直接会場にお越しください
受講料   無料
主 催   東北学院大学 英語英文学研究所
問合せ先

 
  東北学院大学 研究機関事務課
TEL 022-264-6401 FAX 022-264-6530
E-mail:k-soken@mail.tohoku-gakuin.ac.jp