東北学院大学

Language

新着情報

【ヨーロッパ文化総合研究所公開講演会】ヴェネツィア共和国の「公共性」(7/14開催)

2018年06月20日

ヴェネツィア共和国の「公共性」

ヨーロッパ文化総合研究所公開講演会

申込不要   無 料   土 樋


日時:平成30年7月14日(土) 15:30~17:00
会場:土樋キャンパス 8号館5階 押川記念ホール

oc2018sp-9_1.jpg(クリックでPDF表示 399KB)

 アドリア海最奥部に位置するヴェネツィアは、中世初期から1797年までの約1000年間、共和政体を維持した国家であり、そこには強固な「公共」の理念があった。また水に囲まれた地理的環境から、近世(16~18世紀)には特徴的な環境政策を進めたことでも知られるが、そこでも「公共性」が重要なキーコンセプトになった。講座では、近世のヴェネツィア共和国の社会と政策を概観しながら、当時の社会と地域の「公共性」のあり方を考える。

 LECTURER 講 師
 

富山大学人間発達科学部教授  徳橋 曜 (とくはし よう)

【講師略歴】
 1960年、東京生まれ。1985年、東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了(文学修士)。専門は中世・近世イタリア史。特に14~15世紀フィレンツェの社会史・環境史、および15~17世紀ヴェネツィアの環境史の研究を専門とする。最近の業績として、「15世紀イタリアの文化動向と書籍販売」『西洋中世研究』第6号(2014)「史料紹介 住民の福利と健康のためにー中世イタリア都市の環境をめぐる史料」『歴史と地理』第701号(2016)『キリスト教会の社会史』(共著)(彩流社2017)等。
 


対 象   どなたでも受講できます
申込方法   直接会場にお越しください
受講料   無料
主 催   東北学院大学 ヨーロッパ文化総合研究所
問合せ先


 
  東北学院大学 ヨーロッパ文化総合研究所
TEL・FAX 022‑264‑6379
E‑mail:europe@mail.tohoku‑gakuin.ac.jp