インターンシップ

本学におけるインターンシップについて

インターンシップとは?

インターンシップとは、学生が企業・事業所において、将来のキャリアに関連した就業体験を行う制度です。インターンシップに参加した学生は、それぞれの就業体験を通して企業・事業所と社会の動きを実感し、自らの職業観を確立することができます。

多くの学生は、漠然と卒業後の進路を考えてはいますが、「大学や学外で学んだ知識や経験を今後に活かせるのだろうか?」、「働くこととは何だろう?」こんな疑問に対して、明確な答えを出せないまま、大学を卒業していきます。

インターンシップは、そのような現況の下で学生の職業意識啓発と専門能力の向上の支援のために、国の施策としても教育改革の中に盛り込まれ、産業界、行政機関、大学が連携して現在活発に行われております。本学においても、学生のキャリア形成支援の一環として積極的に推進しており、平成16年度から実施している就職キャリア支援部主催のインターンシップには、毎年90事業所のもとで約200名の3年生が職業体験を行っております。今後とも積極的に受入事業所を拡大して少しでも多くの学生がインターンシップを体験できるよう進めていく計画です。

その他のインターンシップについては、各キャンパス就職キャリア支援課(係)掲示板に掲示しておりますので、指示に従い各自自由に申し込んでください。

本学学生が参加できる主なインターンシップ

インターンシップ
主催部署
対象学科 対象学年 実施時期 申込み方法
就職キャリア支援部 全学部 3年 3年生の夏休み期間
1~2週間

4月開催の
説明会へ参加

機械知能工学科 機械知能工学科 3年 夏休み期間
(シラバス参照)

科目登録

電気情報工学科 電気情報工学科 3年 夏休み期間
(シラバス参照)

科目登録

電子工学科 電子工学科 3年 夏休み期間
(シラバス参照)

科目登録

環境建設工学科 環境建設工学科 3年 夏休み期間
(シラバス参照)

科目登録

他、行政機関及び企業 指定された学部 指定された学年 指定された期間

掲示された指示に従い
各自申込み

企業・事業所の皆様へ

本学では、企業・事業所主催のインターンシップ募集につきましては、下記のお願いをしております。

  1. 事前に告知物の送付をお願いいたします。内容を確認した上で掲示させていただききます。受入期間は、原則として5日間以上でお願いいたします。
    なお、1dayインターンシップにつきましては、掲示スペースの都合上、掲示はしておりません。ご了承願います。
  2. 賠償責任保険(インターン賠)については、本学様式の「覚書」を締結したインターンシップに限り、学生の自己負担により、大学をとおして保険への加入手続きをおこなうことができます。

参考 - 就職キャリア支援部インターンシップ概要

東北学院大学インターンシップ実施概要

Ⅰ. 大学としての位置付け

  • 学生に対して、職業意識の醸成及び職業に対する気づき、職業観の向上を目的とする。
  • 大学の授業科目ではないが、大学教育の一環として位置付ける。

Ⅱ. 実施時期

  • 夏休み期間

Ⅲ. 実施期間

  • 10日前後。ただし、事業所の都合も考慮して行う。

Ⅳ. 実施学年

  • 3年生

Ⅴ. 学生へ対する報酬

  • 無報酬

Ⅵ. 学生への公示及びマッチング方法

  • 説明会を開催して趣旨・目的を十分理解したうえで応募すること。その際に、自分が職業に関してどのような考えを持っているのか等を申し込み用紙に記入する。
  • 申込用紙を提出する際に、その内容と適職診断テストの結果などをマッチングの参考とする。

Ⅶ. 企業・大学・学生との覚書、誓約書等について

  • 企業と大学及び企業と学生は、覚書を締結する。
  • 学生は企業へ誓約書を提出する。

Ⅷ. インターンシップ期間中の災害及び損害賠償について

  • インターンシップ期間中に学生が被った災害(通勤途中も含む)や法律上の損害賠償を負担することになった場合には、大学が加入している保険を持って充てる。

Ⅸ. インターンシップ終了後の報告書等について

  • 学生は、大学へ報告書を提出する。
  • 事業所は、大学へ評定書及び要望書を提出。その後、評定書は大学が学生に送付する。
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 就職キャリア支援部就職キャリア支援課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6481 FAX.022-264-6486
E-mail:shushoku@mail.tohoku-gakuin.ac.jp