東北学院大学

Language

経営学部

本学科の教育

バランスよく理論を学び、高いレベルの実践力を身につける

経営学部では、マネジメント、マーケティング、ファイナンス、アカウンティングという4つの専門分野から、理論をバランスよく学びます。1年次から4年次まで設けられた少人数教育科目により、教員が一人ひとりの学生を丁寧に指導。また、地域企業・産業と連携した実践教育を推進し、現場や実地の中で理論を実践に結び付ける力を身につけます。

経営学科の取り組み

「理論と実践の融合」という教育目標の実現に向けて、以下の取り組みを行っています。

  • ビジネス・ケース研究、おもてなしの経営学など地域企業と連携した実践科目を拡充しています。
  • 専門的スキルを高めるために、日商簿記検定、ファイナンシャル・プランナーなどの資格取得を支援する科目を設置しています。
  • 学生一人ひとりへの行き届いた教育を行うために、1年次から4年次まですべての学年で少人数教育科目(ゼミ)を設置しています。
  • 就職後を含めた「長期的」で「現実的」なキャリアを描けるよう、講義やシンポジウムを通して、キャリア形成の支援を行っています。
  • 地域とのつながりの中で経営を学ぶために、地域企業や地域産業との学術交流を行っています。

専門分野

マネジメント
自社の強みを活かした戦略を立案し、人材の能力とやる気を引き出す力を身につけます。
マーケティング
お客さまにより喜んでもらうためにはどうすればよいか、顧客の視点から魅力ある商品やサービスを考えられる人材をめざします。
ファイナンス
銀行経営、企業の財務、証券投資などに関して学び、社会における金融の役割を理解するとともに、現代社会が抱える問題を発見し、それを解決する力を養います。
アカウンティング
簿記・会計の専門的な知識を活かして、企業の財務的な成果を評価するなど、企業活動を数的にとらえる力を身につけます。