東北学院大学

Language

東北学院大学学習支援システム

初めてmanabaを利用する方は

1. manabaへのログイン

ユーザ名とパスワードを入力して「ログイン」をクリック

【初期ID】はMyTGと同じです。
s+学生番号
【初期パスワード】
manaba用初期パスワードは下記手順で作成します。
初期パスワードは以下の計算値になります。
計算例
生年月日:1999年1月1日
学生番号:1234567
計算式
(生年月日+学生番号)÷97
例:(19990101+1234567)÷97=218811.01..
計算結果の整数部分6ケタに、半角小文字 tg をつけたtg218811が初期パスワードになります。
自分の生年月日で初期パスワードを作成しログインしましょう。

2. パスワードの変更(必ずパスワードの変更をしてください)

①トップ画面で右上の設定をクリックします。

②パスワード設定をクリックします。

③パスワードの変更をします。

現在パスワードに初期パスワードを入力。

新パスワードはMyTGで設定したパスワードと同じものにしてください。

3. リマインダの設定

リマインダの設定をすることにより先生からの連絡・課題・小テストなどが登録したメールアドレスに通知されます。課題やレポートを見逃さないよう設定しておきましょう。

パスワードの変更で説明した設定画面から設定します。

①リマインダ設定をクリックします。

②お知らせのほしいPCのメールアドレスと携帯メールアドレスを打ち込み、「保存してテストメール送信」をクリックすれば登録と同時にテストメールが送られますので確認しておきましょう。

manabaの使い方

1. 講義資料・教材の閲覧

先生がmanabaに公開した講義資料や参考資料などの教材を閲覧することができます。

インターネットがあればパソコンやタブレット、スマートフォン等からどこからでもアクセスすることができるので通学中や自宅でのテスト勉強や予習・復習に活用してみましょう。

①資料を閲覧したい講義を選んでクリックします。

②右側のコースコンテンツをクリックします。

③コンテンツを選んで内容を確認しましょう。

2. レポートの提出

先生がレポートを出題するメール通知がきます。レポート内容を確認し提出しましょう。

①レポートをクリックします。

②課題の内容を確認しレポートを提出しましょう。


利用についての詳細は学生用マニュアルで確認しましょう。

manaba による授業が始まる前に読んでおきましょう。