仙台市教育委員会との連携協力に関する覚書

1. 覚書締結の経緯と概要

東北学院大学の有する知的資源を地域社会へ還元するための一つとして、小学校及び中学校段階への連携協力を推進するために、平成15年8月5日に「仙台市教育委員会との連携協力に関する覚書」を締結しました。

覚書に掲げられている事業は次のとおりです。協定期間は平成16年3月31日までとし、双方で改定の申し入れがない場合は1年間更新し、以後も同様としています。

  • 小学校の英語活動の支援に関すること
  • 児童生徒の学校生活の支援に関すること
  • 大学及び学校における教育研究面での協力に関すること
  • その他教育に関し必要と認める事業

2. 活動内容

現在活動が進められているものは、上記に掲げる事業の(1)と(2)が中心となっています。

(1) 小学校外国語ヴォランティア活動

学生が小学校へ出向き、総合的な学習の時間を利用して、外国語活動を支援する活動です。外国語コミュニケーションの楽しさや大切さの体感、異文化理解と異文化を受容する態度や姿勢の育成、国際理解活動の一環としての外国語活動や国際交流活動、調べ学習を融合した活動をねらいとしています。

これらは、学内に小学校外国語ヴォランティア活動サポート委員会を組織し、参加学生の募集、準備、ワークショップなどを行っています。

詳しくはこちらのページをご覧ください

(2) 小学校授業参観

小学校教諭免許取得予定の学生が小学校へ出向き、授業参観や学校生活の支援を行う活動です。授業参観により、授業の成り立ちや教師の役割と子どもの反応等について理解を深め、模擬授業や教育実習への意識形成を図り、また、教育実践への関心と意欲を高め、教師としての使命感を啓培することをねらいとしています。

これらは、学内の教職課程センターが中心となって準備、運営を行っています。

3. 協力の効果

毎年多数の学生が小学生と触れ合う機会を持ち、小学校教師となる志を強くしています。今後は学生だけでなく教員間の研究交流や、中学校での活動の充実が期待されます。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424 FAX.022-264-6364
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp
大学概要
  • 大学ポートレート
  • After 3. 11 東日本大震災と東北学院
  • 東日本大震災の記録 Remembering 3.11
  • 総合学術誌 震災学
  • 東北学院大学 by AERA
  • 学都仙台コンソーシアム