東北学院大学

Language

歴史と沿革

東北学院大学のルーツ「仙台神学校」は1886年に開校。

私塾「仙台神学校」から東北唯一の私立総合大学へ

東北学院大学のルーツは、1886年に開校された私塾「仙台神学校」にさかのぼります。キリスト教伝道者の育成を目的にこの学校を興したのは、横浜で受洗し、日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会の設立に関わった押川方義と、アメリカ・ドイツ改革派教会宣教師のウィリアム・E・ホーイ。1891年には、伝道者育成に加え、普通高等教育を施すようになり、校名を「東北学院」に改称。第二代院長シュネーダーは、学制の刷新に力を注ぎ、東北学院発展の基礎を築きます。1919年の仙台大火によって、中学校の校舎と寄宿舎が全焼するも、シュネーダー院長は自ら先頭に立って奔走。その結果、わずか3年後には新しい校舎が落成。新校舎の正面に刻まれたのは「LIFE LIGHT LOVE」の文字。この3つの言葉は、以降も建学の精神のシンボルとして親しまれ、今日に至っています。

初代院長
押川 方義
(1850-1928)

松山藩士橋本家に生まれる。横浜英学校でキリスト教に触れ受洗、日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会を組織。院長退任後も東北学院顧問として終生かかわりを持つ。

初代副院長
W.E.ホーイ
(1858-1927)

アメリカ・ドイツ改革派教会宣教師。米国ランカスター神学校卒。1885年に来日し押川らと共に仙台神学校、宮城女学校(現:宮城学院)を創立。l892年東北学院副院長に就任。

第二代院長
D.B.シュネーダー
(1857-1938)

アメリカ・ドイツ改革派教会宣教師。米国ランカスター神学校卒。1888年に仙台に着任し、創立直後の仙台神学校教授に。50年にわたり学院の発展に尽力した東北学院中興の祖。

東北学院の略年表

学校法人東北学院

東北学院中学校・高等学校

1886年設置。キリスト教精神に基づく人格教育を基本とした教育が特色。献身犠牲と奉仕の精神に徹し、質素にして勤勉、豊かな情操を備え、世のため人のためになる人間の育成を教育精神としています。

東北学院榴ケ岡高等学校

1972年設置(1959年に高等学校榴ケ岡校舎設置)。社会に貢献できる人材の育成を願い、自己を見つめ考える機会を大切にするために、「自学自律」の教育目標のもと、自由な雰囲気の中で、主体性を育てる生徒指導を行っています。

東北学院幼稚園

1962年開園。キリスト教精神による情操豊かな人格教育を基本に、自然の樹木に恵まれた閑静な環境の中、幼児の遊びと、一人ひとりの個性を大切にしたのびのびとした幼児教育を行っています。