工学部

学科長あいさつ

情報通信技術を身に付けた電気電子技術者を育成し、時代のニーズに応える

電気電子工学科長
石川 和己

平成29年度から、電気情報工学科を電気電子工学科に名称変更し、電気技術の基礎から応用、さらに先端技術の原理を学び、社会に貢献できる人材育成を目指しています。

電気電子工学科は、これまでの「電力・制御系」と「情報・通信系」に「電子・材料系」の最先端の分野を加えて、内容を拡大充実させ、幅広い専門知識を修得できます。これらの学問は我々の日常生活に必要不可欠なものであり、将来高度な循環型社会と知能化社会に貢献できると考えています。

本学科の目標は、電気エネルギーの高効率化が進む社会に対応可能な、情報通信技術(ICT)の基礎理論を身につけた電気電子技術者を養成することであり、「電力・制御系」「情報・通信系」「電子・材料系」の3つの分野を学ぶことができます。

「電力・制御系」では、電気エネルギーの発生(発電)と輸送システム(送電、配電)、電力応用、パワーエレクトロニクス、電力安定供給のための制御技術について学びます。

「情報・通信系」では、ハードウェア・ソフトウェアの両面からICT(情報通信技術)に関連した情報の変換技術、処理技術、伝送技術、交換技術について学びます。

「電子・材料系」では、社会のインフラを支える高機能デバイスや新たなエレクトロニクスを開拓するための電子材料に関する知識・技術を修得します。特に、「デバイス・マテリアル基礎」「マテリアル工学」「デバイス工学」の3分野を学び、創造力と応用力を備えた技術者を育成します。

上記の目標を達成するために、基礎から応用まで学習できる充実したカリキュラムを用意しています。

1年生では豊富な教養科目とともに、基本科目の物理、数学を学習します。特に、「フレッシュパーソンセミナー」では、各先生方の研究内容を分かり易く解説することにより、視野を広げると同時に、学習意欲を高める狙いがあります。

2年生では、「電力・制御系」「情報・通信系」「電子・材料系」の専門基礎科目を学習すると同時に、実務力を高めるために「電気・電子工学実験Ⅰ・Ⅱ」などの体験型科目を充実し、基礎的実力を養成します。

3年生では、さらに各系の高度な専門科目を重点的に学習しますが、各分野から選択して学習することで幅広い知見を身につけることもできます。特に3年後期に開講する「ジュニアセミナー」では、教育・研究の最前線で活躍している専任教員の研究室に配属され、「課題に取り組み、自ら考える力」を養います。

さらに、4年生では配属された研究室で卒業研究を進め、創意工夫を凝らしながら電力・制御技術、情報・通信技術、電子・材料に関する研究能力を体得し、問題解決能力およびプレゼンテーション力を養います。

本学科のカリキュラム編成の大きな特徴として、多くの免許および資格が取得できます。一例として、在学中に所定の科目を履修し、卒業後に実務経験を経ることで国家資格の電気主任技術者免状を取得できます。電気工事士に関しては一部試験免除の特典があります。また、電気通信主任技術者、第1級陸上特殊無線技士、第3級海上特殊無線技士の資格、および教育職員免許(工業高校・1種)を取得できます。

電気電子工学科において4年間の学習を修了した際には、情報通信技術(ICT)の基礎理論を身につけた電気電子技術に関する専門家として社会で多大な貢献ができる人材になると確信しています。

工学部
  • 東北学院大学 産学連携推進センター
  • ハイテクリサーチセンター
  • バイオテクノロジー・リサーチ・コモン
  • 東北学院大学土樋キャンパス整備計画
  • 工学部がリニューアルしました!