東北学院大学

Language

教養学部 人間科学科

理念・目的、教育目標、本学科の求める学生像、到達目標

理念・目標

理念・目的

人間を多角的・実証的に捉える力を育てる。

教育目標
  • 人間を多角的・総合的に理解する。
  • 心理学・社会学・教育学・体育学の四領域を幅広く学ぶ。
  • 人間についての実証的な分析力を身につける。
  • 人間の発達・形成にかかわる現実の諸問題に対応できる人になる。
理念・目的について

「人間を多角的・実証的にとらえるちからを育てる」

現代は、価値観が多様化し複雑化した社会だといわれます。その中で皆さんがこれからの人生を主体的にまた豊かに生きていくためには、人間やその営みを、一面的ではなく多角的に、また独りよがりの思いこみではなく客観的なデータに基づいて実証的に、とらえるちからを身につけることがますます重要なものとなっていくでしょう。

そこで人間科学科では、人間についての深い洞察と幅広い教養を備え、また現実の問題に自ら切り込んでいく実践力を備えた人材を養成します。

教育目標について

人間科学科では、上記の教育理念を具体化するために、4つの教育目標を掲げています。

4年間のカリキュラムは、これらの目標を達成するために機能的に組み立てられています。

人間科学を学ぶことによって、人間や社会に対する理解を深めるだけでなく、自分自身の人生を切り拓く基礎的な実践力を身につけていくことを期待しています。

本学科の求める学生像
  • 人間や社会の問題に関して深い理解が得られるような本を積極的に読み、その内容を的確に理解できる基礎的な学力を有している。
  • 人間や社会の問題を実証的に分析する上で基礎となる数学的な思考力を備えている。
  • 自分の興味関心と将来の目標について、筋道を立てて自分なりの言葉で説明することができる。
  • 人間に対する探究心をもち、本学科の教育内容について自ら調べ、志望理由を明確に表現することができる。

学士課程の到達目標

  1. 人間を多角的・総合的に理解する。
  2. 心理学・社会学・教育学・体育学の4領域を幅広く学ぶ。
  3. 人間についての実証的な分析力を身につける。
  4. 人間の発達・形成にかかわる現実の諸問題に対応できる人になる。