文学部

学科長あいさつ

大学生にふさわしい英語力を身につけた人材を

英文学科長

吉村 富美子

英語が使えるようになりたい。英語を学習する人なら誰しも思うことでしょう。ただ、「英語が使える」ということが具体的にどのようなことか考えたことがありますか?人は、成長するにしたがって多くのことを学び、複雑な問題や高度な課題を解決する力を身につけていきます。そして、私たちは、このようにして蓄えた知識や考えをことばによって表現しています。したがって、私たちの成長段階にふさわしい内容と方法で英語を使う必要があるのです。英語が使えるというと、単に日常会話ができることと考える人もいるかもしれませんが、大学生が英語を使う場合は、深く思考した結果をその文脈に適した英語を用いて伝えることが期待されています。東北学院大学の英文学科は、そのような「大学生にふさわしい英語力」を身につけたい学生には最適な場です。

まず、本学英文学科は、充実した授業カリキュラムが用意されています。英語のさまざまな技能を有機的に統合しながら問題理解や問題解決のために用いるIntegrated Englishという科目は、1年次から3年次まで配置されています。さらに英語の発信力を伸ばしたい学生は、Academic WritingやAcademic Presentation等の授業を2年次以降4年次まで履修することができます。自分の目的に合わせて、これらの科目を組み合わせて履修することで、英語の4技能(聞く、話す、読む、書く)をバランスよく伸ばすことができます。これに加えて、英語学習法、英文法、英語発音学など英語使用の基礎となる科目も提供されています。2年次以降は、英米文学分野、英語学分野、英語コミュニケーション分野に分かれて、自分が所属する専門分野を中心に深く勉強することになります。まず、「英米文学分野」では、小説、詩、演劇などの文学作品を通して人間の営みについて深く研究します。次に、「英語学分野」では、英語そのものの仕組みを学びながら人間の言語能力の解明を試みます。最後に、「英語コミュニケーション分野」では、英語習得や英語使用についてさまざまな視点からの研究を行います。3年生以降に提供される英文学科演習は、研究対象をさらに絞り、特定の教授のもとでより深い研究を行います。英文学科の教授陣は国内外で優れた研究業績をあげています。演習では、その業績に裏打ちされた充実した研究を少人数で行います。このようにして英文を扱うさまざまな研究を行いながら、その根底にある物の見方や考え方、研究方法、目の前の問題に真摯に取り組む姿勢を身につけることができます。

次に、英文学科では取得できる資格やさまざまな体験の機会が充実しています。上記の授業科目に加えて、必要な科目を履修すれば中学校や高校の英語の教員免許、博物館学芸員、図書館司書、司書教諭、社会教育主事の資格を取ることができます。また、海外留学、小学校外国語ヴォランティア活動、学習支援ヴォランティア活動など新たな人や体験と出合う機会を通して、自分の身につけた能力を活用したり、自分では気づかない新たな自分と出合ったりする機会にも恵まれます。

これまで、本学科の卒業生たちは、英語教員、航空、旅行業等の英語を直接用いる職業だけでなく、社会の幅広い分野で活躍し続けてきました。最近は、仕事に対する丁寧な取り組み方を生かして銀行等の分野に進む学生も増えてきました。これは、本学科の学生たちが高い英語力を身につけていることに加えて、専門分野の研究を通して深い教養と目の前の問題に適切に対処する能力を身につけてきたからであると言えます。