文学部

学科長あいさつ

専門教育を通じて普遍的な学力と国際的に通用する人材を育成

英文学科長

植松 靖夫

英文学科は、英語そのものについて深く学ぶとともに、英語を通じて論理的・批判的な思考能力を身につけ、世界を広い視野から捉えながら地域社会に貢献し、かつ国際的な場でも活躍できる人材を育成します。

本学の英文学科では英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」ための能力、いわゆる「4技能」の基礎をしっかり身につけ、それをさらに伸ばすための充実したカリキュラムを用意しています。特に1年次には英語についての基礎的知識を身につけ、2年次には各専門分野の知識に触れながら、話す力・書く力を重点的に伸ばし、3年次以降は専門領域の学識を深めながら、4技能を総合的に伸ばします。

英文学科の特色と魅力は、このような高度な英語運用能力を身につけることだけにとどまりません。英語に関わる深い専門知識と思考方法は、地域社会への貢献や国際社会での活躍の基礎となる能力であり、それは2年次以降の専門分野の科目を重点的に履修することで習得できます。具体的には「英米文学」(詩・演劇・小説などの文学作品を通しての人間研究)、「英語学」(英語を通しての人間の言語能力の解明)、「英語コミュニケーション」(人間の意思伝達能力の解明と効果的学習法の探求)の3領域での専門的な学習を通して、人間理解の基礎と世界を広い視野からとらえる教養を身につけます。いずれの専門分野においても授業では知的好奇心を刺激するテーマを取り上げ、学問的な理論の解説や問題提起がなされます。問題の提起を受けて、自分で調査したり考えたり、結果をまとめたりしなければならないこともあります。大学での勉強は知識を身につけるだけの受身の姿勢ではいけません。自分で問題を見つけ、それを追究して自力であるいはグループで答えを見つけ出すことが大学での勉強であり研究です。当然、答えが見つからない場合もあります。大学受験も含めて高校までの学習では原則として「答え」が保証されていますが、大学では専門の知識を基に「問題」を見つけ、さらには無いかも知れない「答え」を求めます。そこで重要なのが思考力や批判力です。さらにその能力を高めれば優れた専門家・研究者としての道を志すことも可能になります。

英文学科では世界の共通語である英語を専門分野として研究しながら、その研究を通じて人間性も養うようにカリキュラムが作られています。英文学科の科目の豊富さとそのカリキュラムを支えている英文学科専任教員のカバーしている研究領域の広さは他大学の英文学科と比べてみると、群を抜いていることが一目でわかるはずです。

また、正課に加えて、海外留学、小学校外国語ボランティア活動、学習支援ボランティア活動などの体験を通して視野を広め、総合的な判断力を身につける機会にも恵まれています。特に「協定校」との交換留学では、留学先の授業料が免除され、しかも留学期間がそのまま本学での在籍期間として認められるために最短の修業年数で卒業できます。

本学科での学習は、卒業生の進路が示している通り、英語教員、航空・旅行関連職などの英語を使う職種ばかりでなく、地域社会と異文化を繋ぐ幅広い方面での活躍を可能にします。