文学部

本学科の教育

ことばと人間について研究する

英文学科には、4年間で英語運用能力を徹底的に伸ばせるよう、多くの英語専門科目が体系的に配置されています。さらに、英語に関わる専門研究(英米文学・英語学・英語コミュニケーション)を通じて、ことばと人間について深く学ぶことができます。その過程で、知性・人間性を育てることを目標とします。

専門分野

英米文学
英米の文学について、時代・ジャンル(小説・演劇・詩)を問わず広く学びます。文学から、人間・社会・文化の有り様を考察していきます。
英語学
英語の音声、文法、意味、歴史の研究を通して、言語の一般的特性を解明します。言語を人間の心の認知システムのひとつとして科学的にとらえる学問分野であり、「ことば」と「脳」から人間を理解していきます。
英語コミュニケーション
文化が違う人とのコミュニケーションにまつわる学問的な説明、第二言語習得のメカニズムと効果的な英語教授法・学習法、言語と社会的な要素(地域、年代、性別、状況など)との関係、の3つのテーマについて理解を深めます。

英語運用能力を伸ばすカリキュラム

専門教育科目第1類では、専門分野の内容を英語で理解し発信できるようにカリキュラムが組まれています。例えば、英語の発音の仕組みを学ぶ「英語音声学」、専門的な文献を元に議論を深める「Integrated English」、研究内容を聴衆に伝える「Academic Presentation」まで、基礎から段階を追って英語運用能力を高めることができます。さらなる実践の場を求めて、英語圏の提携校への短期留学が含まれる「海外研究Ⅰ・Ⅱ」という科目や、長期に留学する「交換留学」の制度を積極的に利用する英文学科の学生も多く見られます。