文学部

理念・目的、教育目標、到達目標

理念・目標

理念・目的

国際語としての地位にある英語の運用能力の涵養をはかるとともに、他文化・他者性に対して鋭敏な感覚を育むことで、多元的な文化に寛容な真の国際人を育成する。

教育目標

  1. 鋭敏な言語感覚を養う。
  2. ことばの芸術と学問に親しむ。
  3. 人間理解の基礎を築く。
  4. 物事を論理的・批判的に考える能力を養う。
  5. 自己を広い視野からとらえる教養を蓄積する。

学士課程の到達目標

  1. 必修の「キリスト教学」を含む教養教育科目や専門教育科目の幅広い履修を通じて、過去の思想的蓄積の今日的意義を理解し、自らの学習や生き方に反映させることができる。
  2. 「大学生活入門」や「アカデミック・リサーチ入門」等の履修を通じて学問の意義と方法を理解するとともに、外国語科目および専門教育第一類科目の履修を通じて外国語、とりわけ英語の運用能力をバランスよく身に付ける。
  3. 英語コミュニケーション分野においては、英語使用および英語習得に関わる様々な現象を理解するとともに、そこに見られる問題を調査・分析するための基本的方法を身に付ける。英米文学分野においては、英米の詩・演劇・小説の特性を理解するとともに、個別の作品を適切に解釈・評価するための基本的方法を身に付ける。英語学分野においては、言語理論の諸相を学習するとともに、英語の特性をよりよく理解するための基本的方法を身に付ける。総合英語研究分野においては、英語の様々な側面を理解するとともに、それを多角的に研究するための基本的方法を身に付ける。
  4. 教養教育科目や専修分野以外の専門教育科目を履修することを通じて、他分野からの視点や知見を専修分野に応用してみようとする基本的態度を身に付ける。
  5. 「演習」や「卒業試験/卒業論文」を通じて、それまでの学習成果を総合的に活用し、自らが立てた課題に自らの視点で取り組む態度を身に付ける。

沿革

東北学院創立期から続く、実学に基づく英語教育の歴史

英文学科の実質的な起源は,120年前の東北学院創立期までさかのぼります.東北学院はキリスト教伝道の牧師養成のための神学校としてスタートしましたが,はじめ授業はアメリカ人宣教師によって英語で行われていたため,講義を受けるためにはまず英語を覚えなければなりませんでした.そのためのコースがやがて英文学科へと発展していったのです.したがって,東北学院の英語教育は当初からいわば実学,すなわち実際に役に立つ英語を学ぶことを目的の一つにしてきたのです.

それと同時に、創立後きわめて早い時期に,正確には大正9(1920)年に,東北学院専門部師範科は,その卒業生が無試験で英語の教師の資格を取得できる全国でも数少ない学校として認可されました.そのため東北学院の卒業生は、北は北海道から南は九州に至るまで全国で英語教育に携わってきました.その間,英語の教師として詩人島崎藤村をはじめ,(小説家岩野泡鳴は東北学院の英語教師になろうとして来ましたが,面接で力量不足を指摘され、直ちに生徒になったエピソードは有名です),明治期に一人で辞書『詳解英和辞典』を編纂した入江祝衛,著名なダンテ研究家で『神曲』(岩波文庫)の翻訳者山川丙三郎(本学卒業生),『双解英語辞典』で有名な斎藤静(本学卒業生),発音学者として有名なポール・ゲルハードなどが教鞭をとり,それらの先生を慕って全国から学生が集まり,「英語の東北学院」の名をほしいままにしました.

昭和24(1949)年に新制大学として新たに発足したとき,その実質は,英語英文学を学問的に研究する総合大学の英文学科と,実学的な英語の習得を目的とする外国語大学系の英語科,ならびに教育大学系の英語教員養成課程の3種類の課程を一つにした総合的な学科として発展し,英語教育界はもちろん,広い領域に人材を送り出してきました.

昭和39(1964)年には大学院が設置され(このとき,前述の斎藤静は教授として迎えられました),すでに80名以上の研究・教育に従事する人々を国公私立大学に送りだし、現在にいたっております.

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学務部教務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6451 FAX.022-264-6480
E-mail:kyom@mail.tohoku-gakuin.ac.jp