経済学部

出張講義

経営学部では、出張講義を受付中です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・お申し込みはこちらのページをご覧ください。

教員 講義タイトル 講義内容 対応可能な時期
・曜日
鈴木 好和 会社の作り方 会社には様々なものがありますが、ここではベンチャー・ビジネスのつくり方について講義します。ベンチャー・ビジネスは、普通の中小企業とは違い、イノベーションをもとに全国あるいは全世界に規模を拡大していく会社です。 木曜日(ただし会議がある日は除きます)
山本 展雅 新しい会計(国際会計)の潮流 次の3つの内容をお話しします。
  • ①上場企業の健康診断書(財務諸表)が国際標準(IFRS)仕様を求められる理由
  • ②国際標準(IFRS)の特徴
  • ③日本企業の対応状況
8月、2月
小池 和彰 ディスカッションで学ぶ租税法 実際にあった判例を用いて、ディスカッションを行い、租税法を学びます。裁判の解釈というのがどのようなものか、そしてその裁判の解釈に論理性が求められることを学びます。 8月、2月の水曜日
岡田 耕一郎 老人ホームをテストする 高齢者向けに介護サービスを提供することが「社会福祉」であれば、その介護サービスがきちんと提供されるように老人ホームという組織を管理するのが「経営」である。その老人ホームと介護サービスを経営学の視点に立ってテストしてみよう。 8月、2月(ただし木曜日を除く)
菅山 真次 1からの経営史 新卒採用と終身雇用を人事管理の柱としてきた日本の会社。このような雇用制度のもと、日本社会では、学校を卒業すると同時に就職して、1つの会社で長期にわたって継続勤務するのが、『サラリーマン』として普通の、当たり前の働き方であるとみなされてきた。
それでは、こうした「日本的」人事管理システムは、いつ、どのようにして生まれ、そして社会にあまねくひろまっていったのだろうか。本講義では、この問題について具体的な企業のケースをとりあげて考える。
2月、3月
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 入試部入試課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6455 FAX.022-264-6377
E-mail:nyushi@mail.tohoku-gakuin.ac.jp