東北学院大学

Language

工学部

理念・目的、教育目標

理念・目標

理念・目的

人類の幸福と望ましい環境の創造に必要な工学技術を理解し、かつ自ら思考できる人物を育成する。また、本学の建学の精神に基づいて、人間社会に貢献する「幅広い教養と正しい倫理観を持つ工学技術者」を養成する。

教育目標

工学部に学ぶ全ての学生が、

  • 広くかつ深い教養に裏打ちされた隣人愛
  • 社会への献身的奉仕の精神
  • 科学技術における正確な知識と思考能力
  • 科学技術を通して人類福祉を向上させる力
  • 社会及び組織におけるリーダーシップ

を身につける。

学部概要

東北学院大学工学部は、東北の地に高度な科学技術研究基盤と工業産業を確立する目的で、仙台駅からJR仙石線で約22分の多賀城市に1962年に設立されました。多賀城市は仙台市に隣接する東北地域屈指の学術研究都市であるとともに、日本三大史跡(奈良県・平城京、福岡県・太宰府、そして多賀城)が存在する歴史的文化都市でもあります。

工学部の設立に当たって、当時の学長小田忠夫先生は「この地を日本のスコットランドとするために工業技術の発展に寄与したい」とその設立の目的と意義を宣言されました。このことは、それから遡ることさらに76年前(1886年)に東北学院を創設した初代院長押川方義先生の夢でもありました。スコットランドは高性能の蒸気機関を発明したワットや電磁気学を完成したマックスウェル等の科学技術史上の偉人を輩出したことで知られています。このように地域の産業の発展に必要な「倫理観と叡智を備えた工学技術者・産業人」を育てるための学部設立の思いは、現在の東北学院大学工学部にも連綿として受け継がれています。