東北学院大学

Language

教養学部 言語文化学科

本学科の教育

言語や文化の多様性を学びながら、より良きコミュニケーションを模索する

英語+1外国語(独、仏、中、韓)のインテンシブな学習をベースにして、言語と文化に関わる専門分野(下記参照)を幅広く、かつ集中的に学んでいきます。目指すのは、言語や文化の多様性を学びながら、その相違を乗り越えた地点により良きコミュニケーション(対話)の可能性を見いだすこと。ここで培われた対話力は、教育、金融、観光/航空、メディア関係等、社会のあらゆる分野で活躍するための礎になっています。

専門分野

ことばのしくみ

私たちが何気なく使っていることばには、いろいろな不思議が隠れています。それに気づき、観察し、「なぜ」を考えます。

表現と文化

映画、演劇、写真などによる優れた表現の具体例を分析・研究し、また自分で実際に制作してみることで、各種のメディア表現の広がりと可能性を探ります。

ことばの習得と教育

日本語は知らないうちに話せるようになったのに、外国語習得にはなぜ苦労するのか。ことばを学び教える楽しさと難しさを体験し理解を深めます。

世界各地域の言語文化

英語をはじめ、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語の習得をめざすと共に、それらが使用されている英米、欧州、東アジアの文化をも理解します。

ことばとコミュニケーション

他者は自分とは異なる存在です。にもかかわらず、他者の心が理解できるのはなぜか。コミュニケーションのあり方を分析することを通して、その問題を掘り下げます。

文化のしくみ

芸術や思想から家族、衣食住、そして恋愛や占いまで、色々なトピックを取り上げて、多様な文化の理解を進めることにより、文化のしくみについての探究を深めます。