総合学術誌『震災学』

『震災学』vol.3

総合学術誌『震災学』vol.3表紙

  • 発行:東北学院大学
  • 発売:荒蝦夷
  • 2013年10月25日(金)発売
  • 本体1,800円(税別) A5判 224頁
  • ISBN 978-4-904863-35-0
  • 一般書店、大学生協、オンライン書店等にて販売

目次

「見ようとしないこと」を問う/佐々木俊三(東北学院大学副学長・同大学地域共生推進機構機構長)

第一章/守りたい 東北の大地 シンポジウム<「復活と創造 東北の地域力」>

  • 基調講演「水と緑の国、日本」/富山和子(立正大学名誉教授・環境問題評論家)
  • パネル討論「土を活かして復興へ」/富山和子×結城登美雄(民俗研究家)×佐久間政広(東北学院大学教授)

第二章/福島へ

  • インタビュー
    • 「福島で考えたこと」/大石芳野(写真家)
    • 「水俣・スリーマイル・福島」/アイリーン・美緒子・スミス(市民団体グリーン・アクション代表)

エッセイ

  • 「この辺りの幽霊の問題」/玄侑宗久

第三章/仮設住宅とはなにか

  • [座談会]「<仮設>に暮らして」/臼澤良一(岩手県大槌町)×駒林奈穂子(岩手県釜石市)×佐藤康男(東松島市宮戸小学校仮設自治会長)×金澤大樹(宮城県栗原市)×山中茂樹(関西学院大学災害復興制度研究所主任研究員)
  • 「仮設住宅史を繙く 関東大震災から東日本大震災 九十年後の今」/古関良行(河北新報震災取材班キャップ・報道部副部長)
  • 「阪神・淡路大震災 仮設住宅の五年間 東日本大震災被災地への伝言」/磯辺康子(神戸新聞編集委員)
  • 「奥尻島 仮設生活回想 地震・津波・火災から二十年」/麓敏也(奥尻町議会議長)
  • 「雲仙・普賢岳噴火災害の被災地から 火山活動終息一七年目の証言」火砕流と土石流との闘い/清水眞守(FMしまばら代表取締役)
  • 肌で感じるコミュニティの大切さ 末永安廣さんに聞く/金本金栄(島原新聞記者)
  • 仮設住宅における避難者の心身ケア/中島禮子(元島原市保健師)
  • 「いま仮設住宅に暮らすということ」/阿部重樹(東北学院大学教授)
  • [聞き書き]「<仮の住処>を生きる 応急仮設住宅居住者の声」
    遠藤ゆりえ、小野寺博美、畠山江美子、須藤政春・文子、和泉くに子・厚子、阿部てるみ・りえ子、小松正子、小山まさこ、菅井保勝・愛子、飯塚正広、太田喜代美

第四章/地域と震災

  • 「震災メメントモリ 『痛み温存』としての記録筆記法と死者をむすぶ回路」/金菱清(東北学院大学准教授)
  • 「記憶地図を描く 『更地の向こう側』に重なる過去と未来」/酒井朋子(東北学院大学講師)
  • 「ローカルラジオと東日本大震災 IBC岩手放送の二年」/姉帯俊之(IBC岩手放送ラジオ放送部長)
  • 「南相馬をゆく 旧警戒区域ボランティア体験記」/山川徹(ルポライター)
このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学長室事務課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6424 FAX.022-264-6364
E-mail:ck@staff.tohoku-gakuin.ac.jp