東北学院大学

Language

資格取得

学校図書館司書教諭課程

Ⅰ 学校図書館司書教諭課程について

学校図書館司書教諭とは「学校図書館法」(昭和25年公布)で規定された学校図書館の専門的職員で、同法第5条には「学校には、学校図書館の専門的事務を掌らせるため、司書教諭を置かなければならない。」とある。ここでいう学校図書館とは小学校、中学校、高等学校に設けられた図書館を指している。

この司書教諭の資格取得については、同法第5条第2項に「前項の司書教諭は、主幹教諭(養護又は栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭を除く。)、指導教諭又は教諭(以下この項において「主幹教諭等」という。)をもつて充てる。この場合において、当該主幹教諭等は、司書教諭の講習を修了した者でなければならない。」と規定されている。本学の司書教諭課程はこの講習を代行するものとして開講されたものであるが、司書教諭の資格を取得しようとする者は、卒業時に中学校・高等学校のいずれかの教育職員免許状をも取得しなければならない。

また、司書教諭の資格は文部科学省に申請しなければならず、この申請に関する学内手続きについては、4年次の卒業生発表の日に行うことになるので掲示板を見落さないよう注意のこと。

Ⅱ 履修について

学校図書館司書教諭の資格を得ようとする者は、教育職員免許状を取得し、かつ下表の科目の単位を修得しなければならない。

科目名 単位 開講年次
必修科目 学校経営と学校図書館 2 3
学校図書館メディアの構成 2 3
学習指導と学校図書館 2 3
読書と豊かな人間性 2 3
情報メディアの活用 2 3

Ⅲ 修了証書の交付について

学校図書館司書教諭資格修了書については、年度初めに資格申請登録し、所定の単位を修得した者は、4年次の2月に事前の手続を経て卒業後6月に申請を行い、翌年3月頃文部科学省より交付される。