グループ主任制度

グループ主任制度とは

一般に大学教育は、講義・演習といった学問探求のみに考えられがちですが、授業時間外に教室を離れて、教師と学生、学生相互の接触によってなされる人間形成もまた大事なことです。そこで、本学では教師と学生の接触の場を持つためにグループ主任制度を設けています。教室を離れた教師と学生との人格のふれあいの中から、一生の心の糧となるものを多く貯えてほしいものです。

グループ主任は、入学時のオリエンテーション・キャンプを始め、あらゆる機会を通して学生の相談に応じながら、学生個々人の希望や性格を知ることによって適切なカウンセラーとなり、あるいはアドバイザーとなって学生生活を指導する役割を担っています。気軽にグループ主任を訪ねてください。

グループ主任には、文・経済・経営・法学部の1・2年次は教養学部所属教員、3・4年次は当該学部・学科の教員があたります。教養学部・工学部および夜間主コースについては4年間当該学部・学科の教員があたっています。

なお、グループ主任と共に行うグループキャンプおよびグループ活動等には補助金が交付されますので、グループの代表者は各キャンパスの学生課(学生厚生体育事務係)で事前に申請手続きをしてください。

このページの内容に関するお問い合わせ
東北学院大学 学生部学生課
〒980-8511 宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3-1
TEL.022-264-6471 FAX.022-264-6473
E-mail:gakusei@mail.tohoku-gakuin.ac.jp
授業・学生生活
  • 東北学院ポータル My TG
  • 情報処理センター
  • 奨学金制度
  • 東北学院大学 学生会
  • TG MIND
  • 東北学院大学 後援会
  • 東北学院大学災害ボランティアステーション
  • ラーニング・コモンズ「コラトリエ」