東北学院大学

Language

学生サポート

試験における不正行為者等の処分及び措置に関する規程

(目的)

第1条
  1. この規程は、試験の公正な実施のために、東北学院大学学生の懲戒に関する規程第6条第2項に基づき、不正行為者、不正行為者の処分及び措置、試験妨害者、試験妨害者の処分及び措置並びに処分及び措置の決定手続に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(定義)

第2条
  1. この規程における試験とは、「東北学院大学試験施行細則」第2条に定める試験をいう。

(不正行為者等)

第3条
  1. 次に掲げる者は、不正行為者とする。
    1. 他人の答案を見た者
    2. 他人に答案を見せた者
    3. 他人の答案を代筆した者
    4. 他人に答案を代筆させた者
    5. 他人の受験を代理した者
    6. 他人に受験を代理させた者
    7. 試験時間中に監督者から配布された答案用紙以外の答案用紙(以下「不正答案用紙」という。)を使用して答案を作成した者及び不正答案用紙を使用可能な状態においた者
    8. 当該試験に持ち込みを許可された物以外の物(紙片等)を使用して答案を作成した者及び持ち込みを許可されない物を使用可能な状態においた者
    9. 試験時間中、持ち込みを許可された物(「ノート」「教科書」等)その他の物品(筆記用具等)のやり取りをした者
    10. 試験時間中、言語、動作、携帯電話その他の通信手段によって、答案作成に利用する目的で相互に連絡を取り合った者
    11. 答案作成に利用する目的で、学内の施設・設備、受験者の身体、衣服、筆記用具等に書き込みを行った者及びその書き込みを利用して答案を作成した者
  2. 監督者から配付された答案用紙と種類が同一の用紙であっても、当該試験時間中に配付された用紙でないことが明らかな場合には、前項第7号に定める不正答案用紙に含める。
  3. 本条によって禁止された行為を行った場合、当該行為が当該試験科目の答案作成に直ちに役に立たない場合であっても、不正行為とみなす。

(不正行為者の処分及び措置)

第4条
  1. 不正行為者は、東北学院大学学則(以下「学則」という。)第53条に基づき停学に処す。
  2. 不正行為者には、次に掲げる措置を講じる。
    1. 前項に定める停学処分に基づき、不正行為実行後の当該学期の試験は受けることができない。
    2. 当該学期の定期試験及び追試験については、定期試験及び追試験期間中(定期試験期間と同様に扱われる期間を含む。)に受験した全科目の試験の点数を零点とする。
    3. 当該学期の再試験については、再試験期間中に受験した全科目の試験の点数を零点とする。
    4. 前項に定める停学処分について、学生番号を明示のうえ学内に公示する。

(処分及び措置の決定手続)

第5条
  1. 不正行為者の処分及び措置の決定手続は、次に掲げるとおりとする。
    1. 当該学生に対する不正行為の調査及び事実確認は、当該行為の処理に係わった試験監督者、教務委員及び学生委員の報告に基づき、学生懲戒委員会が行うものとする。
    2. 学生懲戒委員会は、前号の事実確認に基づき、当該学生に対する処分及び措置を審査し、学長に答申する。
    3. 学長は、学生懲戒委員会からの答申について、当該学生の所属(受入れも含む。)する学部教授会又は研究科委員会に意見を求める。
    4. 学長は、前号の意見を参酌して、処分及び措置を決定する。

(試験妨害者の処分及び措置の決定手続)

第6条
  1. 次に掲げる者は、学則第53条又は第54条に基づき処分する。
    1. 他人の受験を妨害した者
    2. 試験業務を妨害した者
  2. 試験妨害者の処分及び措置の決定手続は、前条に準じるものとする。

(改廃)

第7条
  1. この規程の改廃は、学務部長との協議を経て学生懲戒委員会が発議し、教授会の議を経て学長が行い、理事会の承認を得るものとする。
附 則
この規程は、平成17 (2005)年4月1日から施行する。
附 則(平成19年4月1日)
この規程は、平成19 (2007)年4月1日から施行する。
附 則(平成21年4月1日)
この規程は、平成21 (2009)年4月1日から施行する。
附 則(平成27年5月13日改正第52号)
この規程は、平成27(2015)年5月13日から施行し、平成27(2015)年4月1日から適用する。
附 則(平成27年9月9日改正第74号)
この規程は、平成27年9月9日から施行し、平成27(2015)年4月1日から適用する。