東北学院大学

Language

学生サポート

東北学院大学給付奨学金規程

(趣旨)

第1条
  1. この規程は、東北学院大学(以下「本学」という。)に在学する学生(外国人留学生は除く。以下同じ。)で、勉学意欲、人物ともに優良でありながら経済的理由により修学困難になった者を対象に、学資を給付することに関し必要な事項を定める。

(資格基準)

第2条
  1. この規程による奨学金の給付を受ける学生(以下「給付奨学生」という。)は、次の要件を満たさなければならない。
    1. 本学に在学する学部学生及び大学院学生で、本学の教育方針を理解し、勉学意欲旺盛で品行に優れた者
    2. 経済的理由により学資支弁が困難で、学資の援助を必要とする者

(給付額)

第3条
  1. 給付奨学生に給付する奨学金は、年額300,000円とする。
  2. 前項の規定にかかわらず、家計支持者の収入及び所得の合計金額が給与所得者では3,000,000円以下、非給与所得者では2,000,000円以下の場合、給付する奨学金の額は360,000円とする。

(給付奨学生の採用人数)

第4条
  1. 給付奨学生の採用人数は、各年度100名とする。

(給付期間)

第5条
  1. 給付奨学金を給付する期間は採用年度とし、次年度も給付を希望する場合は、新たに申請しなければならない。

(募集及び募集人数)

第6条
  1. 給付奨学生の募集は、前期及び後期に行う。
  2. 前期の募集人数は80名とし、後期の募集人数は20名とする。

(給付制限)

第7条
  1. 同一年度内に本学が規定するほかの奨学金の給付を受けている者は、当該奨学金を受けることはできない。ただし、特待生は除く。

(申請書類)

第8条
  1. 給付奨学金の給付を希望する者は、次の書類を提出しなければならない。
    1. 奨学金申請書(別記様式)
    2. 成績通知書
    3. 家計支持者の収入に関する証明書類
    4. その他本学が必要に応じて求める書類

(選考基準)

第9条
  1. 給付奨学生の選考基準は、次に掲げるとおりとする。
    1. 人物 態度及び行動が学生にふさわしく、将来良識ある社会人として活動できる見込みがあると認められること。
    2. 健康 健康診断により、修学に十分耐え得ると認められること。
    3. 家計 経済的困難により、修学を継続するために奨学金が必要であると認められること。
    4. 学力 2年生以上の場合、前年次までの取得単位が、卒業単位を修業年限で割った単位数の当該年次までの累計を超えていること及び成績不振により同一学年を重複していないこと。

(採否及び通知)

第10条
  1. 給付奨学生の採否は、東北学院大学奨学会運営委員会(以下「運営委員会」という。)の審議を経て、学長が決定し、教授会に報告する。
  2. 給付奨学生の採否を決定したときは、東北学院大学奨学会会長名をもって直ちに本人に通知する。

(給付)

第11条
  1. 給付奨学金の給付は、年1回とする。

(受給資格の喪失)

第12条
  1. 給付奨学生が次の各号の一に該当すると認められる場合は、奨学金の受給資格を喪失する。
    1. 休学又は退学に至ったとき。
    2. 傷病等のため学業継続の見込みがないとき。
    3. 学業成績不振又は性行不良のとき。
    4. 出願申請書類に虚偽の記入をして給付奨学生になったことが判明したとき。
    5. 給付辞退の申出があったとき。
    6. 懲戒処分を受けたとき。

(奨学金の返納)

第13条
  1. 運営委員会委員長は、給付奨学生が前条により受給資格を喪失した場合、当該年度において既に給付した奨学金を返納させることができる。

(懲戒処分を受けた学生の取扱い)

第14条
  1. 懲戒処分期間を満了し、次の各号の条件を満たした学生は、給付奨学金を申請する資格を得る。
    1. 反省の実を示し、学長が奨学生として適当と認めること。
    2. 成績不振により同一学年を重複していないこと。
    3. 廃止となった奨学金に係る手続きを完了していること。
  2. 前項第1号に該当することを確認するため、学生は、学生課厚生係又は学生・厚生・体育事務係による面接を受けなければならない。

(事務)

第15条
  1. この規程に関する事務は、学生部学生課において処理する。

(改廃)

第16条
  1. この規程の改廃は、運営委員会が発議し、教授会の議を経て学長が行い、理事会の承認を得るものとする。
附 則(平成30年1月10日改正第2号)
この規程は、平成30(2018)年4月1日から施行する。ただし、第3条第2項の規定は、平成34(2022)年4月1日から施行する。