東北学院大学

Language

学生サポート

東北学院大学大学院緊急奨学規程

(趣旨)

第1条
  1. この規程は東北学院大学奨学会(以下(本会)という。)会則第2条に規定する目的に沿い、東北学院大学に在学する大学院学生で、主たる家計維持者の死亡等により修学が困難になった学生を対象に奨学会が学資を貸与するための緊急奨学金に関し必要な事項を定めるものとする。

(学資の貸与)

第2条
  1. 本会は、学業継続の意思が強固であるにもかかわらず、主たる家計支持者の死亡、疾病、失業等により家計状況が急変し、修学の継続が困難になった大学院学生に対し緊急に学資を貸与する。

(定義)

第3条
  1. この規程により本会から学資の貸与を受ける学生を緊急奨学生といい、その学資を緊急奨学金という。

(緊急奨学金の額)

第4条
  1. 緊急奨学金の額は、当該学期に納入すべき学生納付金額を上限とする。

(緊急奨学金の貸与)

第5条
  1. 緊急奨学金の貸与は、在学中に1回を原則とする。
  2. 同一学年時に本学の他の奨学金の貸与又は給付を受けている者は、緊急奨学金の貸与を受けることができない。

(緊急奨学生願書及び緊急奨学生調書の提出)

第6条
  1. 緊急奨学生志望者は、事由が発生した月から12月を越えない期間内に、連帯保証人と連署した奨学会長宛の緊急奨学生願書(本会所定のもの)及び緊急奨学生調書(本会所定のもの)を提出しなければならない。

(緊急奨学生の採用)

第7条
  1. 緊急奨学生の採用は、本会運営委員会の選考を経て本会が決定する。
  2. 緊急奨学生の採用を決定したときは、会長名をもって本人に通知する。

(緊急奨学金の交付)

第8条
  1. 緊急奨学金は、緊急奨学生の採用決定後、直ちに交付する。

(緊急奨学金の借用証書の提出)

第9条
  1. 緊急奨学金の交付を受けた緊急奨学生は、連帯保証人と連署した緊急奨学金借用証書(本会所定のもの)を直ちに提出しなければならない。

(緊急奨学生の異動届出)

第10条
  1. 緊急奨学生について、次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合は、本会所定の用紙により、直ちに届け出なければならない。
    1. 本人又は連帯保証人の死亡
    2. 本人又は連帯保証人の氏名若しくは住所の変更

(緊急奨学金の無利息)

第11条
  1. 緊急奨学金は、無利息で貸与する。

(緊急奨学金の返還、返還猶予及び返還免除)

第12条
  1. 緊急奨学金の返還、返還猶予及び返還免除は、原則として返還特別免除に関する事項を除いて、東北学院大学奨学規程に準拠する。

(改廃)

第13条
  1. この規程の改廃は、運営委員会及び大学院委員会の議を経て学長が行い、理事会の承認を得るものとする。
附 則
この規程は、平成12(2000)年12月1日より施行する。
附 則(平成27年1月21日改正第3号)
この規程は、平成27(2015)年1月21日から施行し、平成26(2014)年4月1日から適用する。
附 則(平成27年10月19日改正第113号)
この規程は、平成27(2015)年10月19日から施行する。