東北学院大学

Language

経済学部 共生社会経済学科

学科長あいさつ

共生社会経済学科長
熊沢 由美

皆さんは「共生」と聞いて、どのような「共生」を思い浮かべますか?

日本では、これからますます人口減少・少子高齢化が進むと予想されています。例えば、働く人が減ると予想されていて、日本経済や労働環境が悪化することが心配されています。地域によっては住民が減ってしまい、自治体が維持できなくなることも心配されています。そのようななかでも、安心して生き生きと暮らしていけるようにするためにはどうしたらよいのでしょうか?

キーワードは「共生」。答えの一つは、「共生社会」を構築していくことであると考えています。

皆さんが高齢者の仲間入りをする頃、どのくらい人口減少・少子高齢化が進んでいるのでしょうか?

なぜ、「共生」が持続可能な社会経済システムのキーワードになるのでしょうか?

どのような「共生」が求められているのでしょうか?

「共生社会」を実現するためには、どうしたらよいのでしょうか?

これからは、ますます多くの分野のビジネスや活動で、人口減少や少子高齢化についての学びが活かせる時代になるのではないでしょうか。

経済学部に「共生社会」を学ぶ学科が設置されることは珍しく、「共生社会経済」という学科は本学にしかありません。また、フィールドワークなど、実際の「現場」についての学びを重視していることも特徴です。社会のなかでの人と人との関わりとしての「共生」について理解を深め、現実の社会を動かす仕組みとして経済学を学ぶ ── 「共生社会」とその構築のための取り組みについて、共生社会経済学科で学んでみませんか。